2019.12.03

2強の「ナガマツ」と「フクヒロ」。
東京五輪決勝で対戦もあり得る

  • 平野貴也●取材・文 text by Hirano Takaya
  • photo by Hirano Takaya

 バドミントン女子ダブルスは、日本の2組が熱くしている。第73回全日本総合バドミントン選手権大会は、12月1日に各種目の決勝を行ない、女子ダブルスは、永原和可那/松本麻佑(北都銀行)が2-1(10-21、21-15、21-8)の逆転で福島由紀/廣田彩花(アメリカンベイプ岐阜)を破り、初優勝を飾った。

全日本総合バドミントン選手権で決勝を戦った世界トップクラスの2組(左から廣田彩花、福島由紀、永原和可那、松本麻佑) 松本は、コート上のインタビューで思わず涙。永原は「自分たちは、初めての(全日本総合の)決勝戦。少し浮足立った。相手は、3度目の決勝。差が出て押されてしまったが、多くの方が足を運んで下さったなか、このまま終わるのは悔しかった。2ゲーム目から、自分たちの力を出し切ることに集中して、開き直れたのが勝ちにつながった」と国内のファンに底力を見せつけた一戦を振り返った。

 この2組は現在、女子ダブルス界をけん引している。世界選手権では、2年連続で決勝を戦い、永原/松本原が2連覇。福島/廣田も3年連続の準優勝と好成績を残している。この2組が、東京の駒沢体育館に集った2693人の観衆の前で激闘を繰り広げた。

 第1ゲームは、福島/廣田が圧倒。廣田は「相手の動きに硬さがあり、やりたいようにできた」と手応えを語った。「フクヒロ」の愛称で知られる福島/廣田は、スピードとレシーブ力が武器で、速いテンポのラリーを展開。打ち込まれても素早く返すカウンターを放ち、相手を振り回した。

 第2ゲームも中盤は8-11と競っていたが、今度はともに身長170cmを超える長身ペアの永原/松本(「ナガマツ」の愛称)が主導権を奪った。2人の特徴は、何と言っても打点の高さを生かした攻撃力。相手の球が少しでも高くなれば、容赦なく上から叩きまくるラリーに持ち込んで押し切った。