2019.06.15

鷲見玲奈アナが夜中に泣き笑い。
寝る間を惜しんでしていたこと

  • sportiva●文 text by sportiva
  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

★鷲見玲奈インタビュー 後編

 テレビ東京の『追跡LIVE! SPORTSウォッチャー』(月~金・夜11:58~、土曜・夜11:00~、日曜夜10:54~)や『家、ついて行っていいですか?』(水曜・夜9:00~)、『卓球ジャパン』(BSテレ東・夜10:00~)など人気番組に出演している鷲見玲奈アナウンサー。2013年に入社してから今年で7年目を迎え、今やテレビ東京を代表するアナウンサーとして、お茶の間の多くの視聴者たちに認知され、その明るいキャラクターなどで好評を博している。そんな鷲見さんの気になるプライベートについて話を聞かせてもらった。

東京五輪に向けての意気込みも語ってくれた鷲見玲奈さん

―― 休日はどのように過ごすことが多いですか。

鷲見 友達とランチに行ったりしています。日本テレビの後藤晴菜アナウンサーとすごく仲が良くて、取材現場でも一緒になることがあれば、一緒にランチに行ったりとか。たまたま取材の前に会えるタイミングがあったので、まさに今日、会ってきました。

―― では、休日は外に出ることが多いんですね。

鷲見 半々ぐらいですね。インドアもアウトドアも両方好きです。

―― 家の中ではどのように過ごされているんですか。 

鷲見 インコの茶々丸がいて、昔はよくずっと眺めていたんですけど、最近はゲージから解放してあげて、部屋の中を飛び回らせていますね。あとは、寝たり、のんびりゴロゴロしたり。食器洗いや洗濯など家事もしています。

―― 深夜の番組にも出演されていますが、体調管理で気をつけていることはありますか。

鷲見 私、ありがたいことに、体はすごく丈夫なんですよ。なので、あまり体調を崩すことはないんですけど。それでも声が出なくなったことが新人のころから合わせると2回あるので、そこは常に気をつけるようにしています。季節の変わり目で寒かったり暑かったりするので、ちょっとのどがイガイガすると思ったら、すぐ対処するようにしています。マスクして、ストールやマフラーなどを(首に)グルグル巻きにして、暖かくしていっぱい寝るとだいたい治ります。