2019.05.25

宮司愛海アナが「まさか」から1年。
「一番汗をかいた」取材相手は?

  • sportiva●文 text by sportiva
  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

★宮司愛海インタビュー 前編

 昨年4月から始まったフジテレビ系のスポーツニュース番組『S-PARK』(毎週・土曜23:45~、日曜23:15~)。メインキャスターとして番組を仕切り、真剣かつ誠実にスポーツと向き合って、ときには愛くるしい表情を見せながら競技の魅力を伝えているのが、入社して5年目となる宮司愛海アナウンサーだ。意外なことに「あまり取材を受けたことがないんです」と言う彼女にインタビューを敢行。どんな想いで番組に取り組んできたのか、どのような気持ちで選手や大会の取材に臨んでいるのかなど聞いた。

インタビュー後、「大丈夫でしたか」と取材班を気遣ってくれた宮司愛海さん

―― 番組が始まって1年が過ぎました。率直な感想を教えてください。

宮司 やっとゼロに、スタートラインに立ったんだなという感じです。もともとスポーツにはくわしくなかったので。基礎知識もそうですし、スポーツの見方というのもあまりわからなかったんです。どういうふうに楽しむのか、とか。そういうところも含めて、スタートラインに立てたと言えるだけの知識と経験を積めたかなという感じです。

―― 『S-PARK』が始まる前に、『めざましテレビ』や平昌五輪のレポートなどでスポーツの取材もされていたかと思います。その時からすでに、いろんなスポーツの勉強もされていたのですか。

宮司 スポーツの番組を担当させていただくことが決まったのが…どれぐらい前だったでしょうか。半年もないと思うんですけど。年が変わる前ぐらいですね。だから、(番組スタートの)4~5カ月前ぐらいで。それまでは、まさか自分がスポーツを担当するということは考えたこともなかったんです。現場に足を運ぶ機会もそれほどなかったですし。なので、平昌に行くということが決まってから、どういうふうにアスリートの方と接するのか、どういうことを聞けばいいのか、どういう振る舞いが失礼に当たらないのか、というのは考えながらやってきました。

―― 古くから言うと、フジテレビは中井美穂さんからだったと思いますが、若手の女性アナウンサーで、スポーツにあまりくわしくない方が、スポーツ番組のメインキャスターに抜擢されてきました。それでも、お話があった時は「まさか」という感じだったんですか。

宮司 「まさか」ですね。私は2015年入社なんですけれども、入社時点から(東京で)オリンピックがあるというのはもちろんわかっていたので、何かしらの形で関わることになるかなとは思っていたんですけど、第一線で関わることになろうとは、1ミリも思っていなかったというのが正直なところです。