2019.01.29

海外メディアは宇宙人と命名。
小林陵侑がW杯総合優勝へ驀進中だ

  • 折山淑美●取材・文 photo by Oriyama Toshimi
  • 中村博之●写真 photo by Nakamura Hiroyuki

平昌五輪で頭角を現し、今シーズンも好調な小林陵侑 W杯ランキング1位での凱旋試合となったスキージャンプW杯札幌大会。残念ながら、小林陵侑(りょうゆう/土屋ホーム)にとっては風に恵まれない試合になってしまった。

 初日の1月26日は、本人が「トップ6の中では僕が一番向かい風の減点が少なかったんじゃないですか」という状況。8位までの選手が1m台の向かい風で10点台以上の減点になる中で、小林の1本目は6.4点減点の0.59mで、2本目は4.4点減点の0.41mと極めて弱い向かい風しかもらえなかった。

「これがジャンプですから」と苦笑した小林だが、その条件でも1本目は131mを飛んで2位につけ、2本目は5位のジャンプで総合5位になった。

 昨季の平昌五輪ではノーマルヒル7位、ラージヒル10位と日本人最高順位になって自信をつけていた小林。夏合宿では助走姿勢の改良に取り組んだ。これまでよりスピードが出て、ジャンプ台にしっかりと力を伝えて鋭く飛び出せる技術の習得に励んだ。スキー靴の改良も含めた取り組みで手応えを得ると、初戦となった8月のサマーGP白馬大会では連勝する結果を出した。