2014.09.20

アジア大会に咲く、
アジアンビューティー「神7」

  • 慎 武宏●文 text by Shin Mukoeng

9月特集 アジア大会2014の発見!(4)

韓国の仁川で行なわれるアジア大会2014(9月19日~10月4日※サッカーは9月14日からスタート)が開幕した。各競技における熱戦が期待される中、大会を彩る「強くて、美しい」アジア各国の女性アスリートたちにも注目が集まっている。日本人選手を除いて、特に前評判が高いのが、今回紹介する7名。競技を楽しむと同時に、人気と実力を備えた"アジアンビューティー"の奮闘ぶりをチェックしてみてはいかがでしょうか。

photo by Yonhap/AFLO新体操
ソン・ヨンジェ(韓国/20歳)
1994年5月28日生まれ。5歳から新体操をはじめ、16歳のときに2010年中国・広州アジア大会に出場。韓国に同種目(個人総合)初のメダル(銅メダル)をもたらす。以来、その愛くるしい容姿も相まって、国民的スターとして一躍脚光を浴びるようになった。今や「キム・ヨナ二世」「国民の妹」などと称されて、韓国国内の人気は相当なもの。韓国ビッグ企業のCMにも多数起用されている。2012年ロンドン五輪では個人総合で韓国人初の決勝進出を果たし、2014年FIG(国際体操連盟)ワールドカップ個人総合でも韓国人初の金メダルを獲得。地元開催の今大会、期待されるのは、もちろん金メダルだ。