2013.09.18

【カーリング】
女王・中部電力を撃破。北海道銀行は「世界」でも勝てるか

  • 竹田聡一郎●文 text by Takeda Soichiro
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 ソチ五輪の世界最終予選(ドイツ/12月)に出場するチームを決めるトライアル、日本代表決定戦が9月12日から(17日まで)札幌のどうぎんカーリングスタジアムで開催された。下馬評では、日本選手権3連覇中の中部電力が本命視されていたが、2002年ソルトレークシティ、2006年トリノ五輪の出場歴を持つ、小笠原(旧姓・小野寺)歩と船山(旧姓・林)弓枝を擁する北海道銀行が、戦前の予想を覆(くつがえ)して代表キップを手にした。

中部電力を下して、カーリング女子の日本代表となった北海道銀行。
"女王"中部電力は、最後まで"らしさ"が見られなかった。予選リーグから氷の特徴を捉えきれず、消極的なショットをチョイスすることが多く、勝負どころでのミスが目立った。特に、決勝で代表権を争った北海道銀行との対戦では、全6戦中(2勝4敗)、第5エンドまでにリードしていたゲームはわずかに1試合。常に後手、後手に回る展開を強いられて、身上である「攻めるカーリング」は影を潜めたまま終わった。

 ソチ五輪への道が絶たれた中部電力の主将・市川美余は、大粒の涙を流しながら「追われる立場として、プレッシャーが存在した」と、振るわなかった大会を振り返った。

 そして、スキップの藤澤五月も「五輪」という未知なる領域を目前にして、プレッシャーに悩まされていたことを吐露した。

「メンタル面で不安があって、そこからミスが出てしまった。勝利のことを考え過ぎて、目の前の一投に集中できない部分があった」

 トライアル未経験のうえ、"女王"ゆえの重圧もあった。勝者となり、日本代表となった北海道銀行のスキップ小笠原も、そこに勝敗のポイントがあったと語る。

「私も、7年前にトライアル(2006年トリノ五輪代表決定戦)に出場しましたが、(五輪出場をかけた)この選考は独特の雰囲気と緊張感があります。もしかしたら、五輪以上に緊張するかもしれない。本来、(中部電力の)藤澤さんはもっといいプレイをします。そういう意味でも今回、カーリングはメンタルなゲームだな、と改めて感じました」