2013.09.10

陸上、水泳、サッカー、バレーボール…2020年東京五輪の主役たち

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • 中西祐介/アフロスポーツ●写真

 2020年東京五輪開催が決定した9月8日。前回64年大会のメイン競技場だった東京の国立競技場では、全日本学生陸上選手権が行なわれたが、五輪決定を祝して聖火台に火が灯された。

 五輪を盛り上げて成功に導くために必要不可欠なのは地元日本選手の活躍だ。そのために必要なのは、これからの7年後へ向けての選手強化。その中心になるべき若手選手たちも、すでに頭角をあらわしている。

女子平泳ぎ期待の今井月は中学生になったばかり<水泳>黄金世代がピークに
 今年4月に東洋大の準教授兼水泳部監督に就任し、萩野公介(19)や山口観弘(18)を指導するようになった平井伯昌氏監督は、大学のプールを拠点にして、学生だけではなくチーム平井に所属する寺川綾や松田丈志、北島康介などの社会人選手も一緒に練習できる環境を整えた理由をこう語っていた。

「五輪メダリストと一緒に練習できることは学生にとって幸福なことだし、得るものも多いはず。だがそれだけではなく、ゴールデンエイジといわれる今年の大学1年生は、大学4年でリオデジャネイロ五輪を迎えるが、年齢的には次の2020年が一番充実する時。東京に五輪が来ることも想定して、大学を卒業しても練習ができる環境を今から準備しておきたいという気持ちもあった」

 ロンドン五輪400m個人メドレー銅メダリストで、今年の世界選手権でも400m自由形と200m個人メドレーで権メダルを獲得した萩野公介や、世界選手権400m個人メドレー優勝の瀬戸大也(19)、200m平泳ぎ世界記録保持者の山口観弘は、25~26歳という絶頂期で東京五輪を迎えることになる。