2013.01.29

【アイスホッケー】美しきヒロイン~足立友里恵

美しきヒロイン』では、スポーツ界で活躍する女性アスリートを紹介。

今回は、女子アイスホッケー選手の足立友里恵選手(SEIBUプリンセスラビッツ所属)。小学生のときに兄の影響でアイスホッケーを始め、大学進学と同時に地元の北海道を離れて拠点を東京に移した。プリンセスラビッツの主力選手として活躍し、全日本女子選手権3連覇(2008年~2010年)など数々のタイトル獲得に貢献した。

また、日本代表としても奮闘。2010年バンクーバー五輪では予選で惜しくも涙を飲んだが、すぐに2014年ソチ五輪出場を目標に掲げ、日々鍛錬を重ねてきた。その間、紆余曲折あったものの、今や代表の中心選手に成長。そして2013年2月、いよいよソチ五輪最終予選に挑む。

――「五輪」を意識したのはいつ頃ですか?

足立 小学生のときにちょうど長野五輪をやっていて、当時は漠然と五輪には普通に出られるものだと思っていました。でも実際に「五輪に出たい!」と、現実的な目標としてとらえるようになったのは、大学生になって代表に選ばれてからです。ちょうど2010年バンクーバー五輪の出場を目指して合宿を重ねていた頃で、代表合宿を消化するごとに、五輪というものをさらに意識するようになりました。

――そのバンクーバー五輪予選では、あと一歩及びませんでした。

足立 これまでのアイスホッケー人生の中で、あの五輪予選(2008年11月の世界最終予選)で負けたときが、いちばんつらかったです。それまでも練習がきつくてつらいと思ったことはありますが、あれほど悔しい思いをしたことはありませんでした。

――しかし、そこで得たものもあったと思います。

足立 自分は経験も少なく、五輪予選はもちろん、日本代表での活動すべてが初めてのことでしたから、それを経験できたことは本当に大きかったですね。改めて、もっと、もっとうまくなりたいと思いました。

――五輪に対する意識も変わりましたか?

足立 絶対に行けると思っていたのに目前で夢を打ち砕かれて、そう簡単に出場できるものではないということもわかって、さらに五輪への思いが強くなりました。また、サッカーの『なでしこジャパン』のように、女子のアイスホッケーというものをもっといろんな人に知ってもらいたい。そのためには結果も出さなければいけないと思うので、その第一歩として五輪には出たいんです。


◆2014年ソチ五輪
アイスホッケー女子最終予選(グループC)

日程:2月7日~2月10日
会場:スロバキア
参加国:スロバキア、ノルウェー、日本、デンマーク
(4チームの総当り戦で上位1チームが五輪出場権を獲得)

日本代表の試合日程
◆第1戦/2月7日(14:00/日本時間22:00)
vsノルウェー
◆第2戦/2月8日(18:00/日本時間26:00)
vsスロバキア
◆第3戦/2月10日(14:00/日本時間22:00)
vsデンマーク
※上記試合は『NHK BS1』にて生中継の予定(第3戦は中継しない場合あり)

【フォトギャラリー】
◆氷上の『スーパーラビット』足立友里恵>>

【フォトギャラリー】
◆~美しきヒロインの素顔~>>

◆美しきヒロインの素顔 記事一覧>>

1

関連記事