島田麻央は坂本花織に全日本で勝てるか? 優勝争いを予想・考察してみた

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 田中宣明●撮影 photo by Tanaka Nobuaki

【順位より納得できる演技】

 今季は全日本ジュニア3連覇、ジュニアグランプリ(GP)ファイナル連覇を果たし、昨季からのジュニアカテゴリーの大会は全勝中の島田麻央(15歳/木下アカデミー)。

北京で開かれたジュニアGPファイナルで連覇を果たした島田麻央北京で開かれたジュニアGPファイナルで連覇を果たした島田麻央この記事に関連する写真を見る 今季唯一のシニア選手との戦いである全日本選手権(12月21〜24日)が間もなく開幕。昨年は全日本で3位だった島田はシーズン前にこう語っていた。

「(全日本選手権は)前回よりいい成績をとりたいです。去年はフリーを最終グループで滑れると思っていなかったので雰囲気に呑まれてしまった。今年は最終組でも堂々と滑るのが目標です」

 だが、フリーでトリプルアクセルと4回転トーループの両方を決めたGPファイナルの試合後は、そのニュアンスは変わっていた。少し考えてから「去年よりいい順位を」という言葉は同じだったが、「ショートプログラムにトリプルアクセルを入れたり、フリーで2本そろえたりするほうを目標としているので、順位より納得できる自分の演技ができるようにしたいです」と続けた。

 シニアのフリーの演技時間は、ジュニアより30秒増えて4分になり、ステップシークエンスも入って要素がひとつ増える。それも考慮して島田は「自己ベストを更新できるようにしたい」と話し、昨季の世界ジュニア選手権で出した、フリーの152.76点超えも目指している。

 昨季は、ショートプログラム(SP)で1位発進ができるようになり、成長を実感していた島田。今季のジュニアGPシリーズ2戦でSPはともに73点台。自己最高得点も更新して完成度を高めていた。

 だが、全日本ジュニア選手権では、目標のひとつでもあるユース五輪代表がかかっていたプレッシャーもあって、63点台の4位発進と思わぬ展開になった。フリーで巻き返してその目標は達成したものの、ジュニアGPファイナルのSPも、得意の3回転ルッツでミスが出て68.72点で2位発進。演技後は悔し涙を流していた。

1 / 3

プロフィール

  • 折山淑美

    折山淑美 (おりやま・としみ)

    スポーツジャーナリスト。1953年、長野県生まれ。1992年のバルセロナ大会から五輪取材を始め、夏季・冬季ともに多数の大会をリポートしている。フィギュアスケート取材は1994年リレハンメル五輪からスタートし、2010年代はシニアデビュー後の羽生結弦の歩みを丹念に追う。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る