2022.05.31

羽生結弦が北京五輪後、初の演技。フードで顔を隠して滑り始めた『Real Face』に込めた思いとは

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao / Fantasy on Ice 2022

顔をフードで隠して登場

 5月27〜29日に開催されたアイスショー「ファンタジー・オン・アイス2022」幕張公演。コロナ禍の中止を経て3年ぶりの開催で、恒例の幕張と神戸のほか、今年は名古屋と静岡の4会場で行なわれる。

 その最初となる幕張公演で、北京五輪以来で初めてリンクに登場した羽生結弦。北京五輪後は右足首の治療に専念していたこともあり、ケガから復帰した2019年と同じようにアーティストとのコラボレーション1曲のみの出演となった。今回はシンガーソングライターのスガシカオ氏との共演だった。

「ファンタジー・オン・アイス2022」に出演した羽生結弦「ファンタジー・オン・アイス2022」に出演した羽生結弦 この記事に関連する写真を見る  演じた曲は、2006年にスガ氏が詞を提供し「KAT-TUN」のデビューシングルになった『Real Face』。それは前回、ミュージシャンのToshIとのコラボレーションで踊った、忘れてしまった自分の顔を思い出そうと苦悩する『マスカレイド』を思い出させる選曲だった。

 自分の"リアル"を手に入れようと唄う歌詞。その前奏部分を羽生は、フードを被って顔を隠して滑り出した。「羽生結弦」という自分を、「無名のただひとりの人間」として滑り出したような振り付け。顔を隠すことで、外界から見られている、羽生結弦という存在であることを一度消してしまおうという意識なのだろうか。

『Real Face』を演じる羽生『Real Face』を演じる羽生 この記事に関連する写真を見る