2022.03.28

村元哉中&髙橋大輔、来季については明言せず。「続きを見たい」との問いかけに髙橋「言葉は受け入れました(笑)」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Getty Images

世界トップと戦い「どの位置にいるのかわかった」

世界選手権リズムダンスの村元哉中&髙橋大輔 photo by Getty Images世界選手権リズムダンスの村元哉中&髙橋大輔 photo by Getty Images この記事に関連する写真を見る  試合後のミックスゾーン取材で、とある外国人記者が村元哉中と髙橋大輔に質問をしたあとにひとつ言伝をした。

「(振付師の)デヴィッド・ウィルソンからの伝言で、『本当に会えなくてさみしいけど、頑張ってください!』とのことです」

 思わぬメッセージに、やや表情が硬かった髙橋は相好を崩した。その記者に対し、「Say hi to him(彼によろしくって伝えて)」とフランクな英語で返答した。隣にいた村元もつられるように笑顔になって、その場の空気はふわりと和んだ。

"かなだい"と親しまれるアイスダンス村元・髙橋組は、ひとつのチームとしては初めての世界選手権を終えたところだった。

 3月25日、フランス・モンペリエ。世界選手権のアイスダンス、かなだいは世界のトップ選手たちと一堂に会している。カップル結成2年、髙橋に至ってはシングルからの転向2年目で、その場に立ったこと自体が快挙と言える。

「(髙橋)大ちゃんと滑っているのはたまに不思議で、幸せだなって思うくらい」

 村元はしみじみと言う。

「5分間練習で、『ダイスケ・タカハシ』って名前が呼ばれた時、みんなシングルスケーターとしての大ちゃんを知っているので、ひとりのスケーターとしてすごいなと。大ちゃんと一緒に滑れているって、あらためてすごいことだなって思います。大ちゃんと一緒に世界選手権のアイスダンスで滑れて本当によかったなって」