2022.04.02

「さっとん」こと宮原知子の現役引退に思う。シャイな少女がミス・パーフェクトになるまで

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • 能登直(JMPA)●撮影 photo by Noto Sunao(a presto/JMPA)

思い出の試合として、4位となった平昌五輪をあげた宮原知子思い出の試合として、4位となった平昌五輪をあげた宮原知子 この記事に関連する写真を見る  フィギュアスケート女子で「ミス・パーフェクト」と呼ばれた宮原知子が、4月1日、オンラインで記者会見を開き、3月26日の自身の誕生日に発表した現役引退について、自らの言葉であらためて語った。

 会見場での宮原は、時折、笑顔を見せながら、とつとつと、だがはっきりとした口調で話し始めた。

「先日発表いたしましたとおり、現役引退を決意いたしました。4歳からスケートを初めて、ただただ無心に滑ってきたんですけれども、気づけば競技者として本格的にスケートをしていて、ノービスからジュニアに上がって、最初はただ楽しくスケートをしていたんですけど、だんだん結果もついてきて、自分を追い込むようになって、苦しい練習も楽しい練習も重ねて毎日を過ごしていました。

 楽しく滑る時期もありましたし、だんだんと修行のように自分を追い詰めてしまう時期もあったかもしれないですけども、自分のスケートを試合でしっかり見せることとか、いい結果を出すということが最大の目標で、自分にとって絶大な達成感をもたらせてくれるものだったので、それを目指して毎日頑張ることができていました。

 最後のシーズンは、これでダメだったらもう辞めようという気持ちでずっと本当に自分と向き合って、毎日毎日、自分のできることを、もうこれ以上はできないと思うぐらい練習をしてシーズンを過ごしたので、本当に最後まで充実したスケート競技人生を送れたと思っています」

 6日前に突然、自身のブログとインスタグラムで引退することを公表。公式ブログには、こう気持ちがつづられていた。

「今シーズン、スケート人生で一番、自分と向き合い、毎日を大切に過ごしてまいりました。これまで以上に、もうこれ以上はできないと納得いくまで練習し、試合に臨んだシーズンでした。私のなかで悔いはなく、やりきったという気持ちでいっぱいです」

 京都出身の24歳。もともとの性格はシャイで生真面目だ。2013‐14シーズンのソチ五輪シーズンにシニア転向した152センチの小柄な選手は、ミックスゾーンで記者に囲まれると、後方にいた記者は顔を見られず、マイクを通した声さえなかなか聞くことができなかった。試合後の会見場で、彼女の発するか細い声の返答に対して、何度も「もう少し大きな声でお願いします!」と、お願いしたほどだ。そういう意味では記者泣かせだったが、誰からも愛された選手でもあった。