2022.04.03

宇野昌磨「まだスケートしているのかよ!って思われるくらい続けたい」。世界王者になっても「人生は変わらない」

  • 小宮良之●取材・文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Kyodo News

世界王者の凱旋の舞

 4月2日、大阪。先月、世界王者となった宇野昌磨(24歳、トヨタ自動車)は、「スターズ・オン・アイス」で帰国後初めてのリンクに立っている。

スターズ・オン・アイスに出演した宇野昌磨スターズ・オン・アイスに出演した宇野昌磨 この記事に関連する写真を見る 「凱旋の舞!」

 場内DJにそう紹介されると、『グレイト・スピリット』が流れ出し、クラブにいるような錯覚を与え、空気が変わった。曲の根底にある原始的、宇宙的な世界観が演者の透徹した人生と重なって魂を揺さぶるのか、一瞬で一体感がつくられる。自然と拍手がわき起こり、スタンドでは陶然としたファンの姿があった。

 宇野は、その熱流のど真んなかにいた。冒頭の4回転トーループなどのジャンプも見事だったが、とにかくスケーティングで人々を惹きつける力があった。『グレイト・スピリット』は、昨シーズンまでのショートプログラム(SP)曲で、それ以前にはエキシビションで使っていたが、激しいリズムと同化した動きの鋭さは際立っていた。

「(自分と)同年代の人が、『まだスケートしているのかよ!』って思うくらい(スケートを)続けたい」

 前日の会見で宇野は言った。アイスショーを巡る短い凱旋記でも、新たな王者の肖像が浮き彫りになっていたーー。