2021.07.12

坂本花織&紀平梨花、新作の見どころと北京五輪シーズンの抱負を語る

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • 能登直●写真 photo by Noto Sunao(a presto)

ショートプログラム『グラディエーター』を披露した坂本花織ショートプログラム『グラディエーター』を披露した坂本花織 この記事に関連する写真を見る  日本代表エキシビションの「ドリーム・オン・アイス2021」がKOSE新横浜スケートセンターで行なわれ、日本のトップスケーターたちが北京五輪シーズンに向けて作ってきた競技用のプログラムを披露した。

 代表作となったフリー『マトリックス』を2シーズン継続して演技した坂本花織は、シニア5年目となる今季、ショートプログラム(SP)、フリーともに新らしいプログラムを作るという。この日のアイスショーでは、新SP『グラディエーター』を初披露した。

 シニア1年目からタッグを組む気鋭の振付師ブノワ・リショー氏が振り付けた新しいプログラムは、スピード感ある伸びやかなスケーティングが持ち味の坂本にぴったり。独創的な振り付けと世界観を十二分に発揮しており、坂本の演技にぐいぐいと引き込まれた。見終わった後は、爽快感が広がるような感じがした。

「『グラディエーター』の曲は、ブノワ先生が決めてくださいました。『花織のためにいいSPの曲を見つけた』ということでこの曲が送られてきました。いつもながら難しそうだなと思ったのが第一印象でした」

 新SPも『マトリックス』同様、男性が主人公の映画音楽。力強さとダイナミックさを坂本のキレのあるスケートと融合させて、魅力あふれるプログラムに仕上がっていた。

 コロナ禍でイレギュラーだった昨季は、ローカル大会のようになったNHK杯で優勝、全日本選手権は2位、世界選手権は6位だった。坂本自身は「いい感じのシーズンだった」と振り返り、今季も「引きつづき、いい感じにできるように精一杯頑張ります」と抱負を語る。

 平昌五輪は6位だったが、自身のポジションをさらにアップさせ、トップ争いに加わるためには、女子でも必須の武器となる高難度のジャンプを習得することが課題となる。それは本人も重々承知している。昨季はシーズン途中で断念した大技ジャンプについて、その進捗状況をこう話した。

「一応、いまトリプルアクセルと4回転ループをやっています。最近1週間くらいは不調が続いていて、あまり練習できていないんですけど、国別対抗戦とスターズ・オン・アイスが終わってからは、ちゃんと(大技の)ジャンプ練習はしていました。