2021.01.30

日本女子フィギュア、次世代エース争い。切磋琢磨する3人の現在地

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 坂本 清●撮影 photo by Sakamoto Kiyoshi

フィギュアスケート冬季国体・少年女子で優勝した松生理乃フィギュアスケート冬季国体・少年女子で優勝した松生理乃  リンクに入った時、松生理乃(愛知、16歳)の顔はやや強張っていていた。

 入れ替わりでリンクを下りた吉田陽菜(京都、15歳)が冒頭のトリプルアクセル成功など、会心の演技を見せた直後だった。優勝するには完璧に近い演技を求められ、ミスの余地が少ない。それは、緊張に直結した。案の定、1本目の3回転フリップはエッジがぼやけ、2本目のダブルアクセルはより明らかに乱れた。焦りは増し、総崩れになる可能性もあった。

 今シーズンの全日本ジュニア女王である松生は、ひとつの岐路に立っていたーー。

 1月28日、名古屋。愛知冬季国体では、次世代を担う女子ジュニア年代の選手たちが百花繚乱だった。ショートプログラム(SP)が終わり、フリースケーティングを前に松生、吉田、河辺愛菜(京都、16歳)の3人が僅差で並んだ。

「今シーズンは表現力を課題にやってきて、そこは少しよくなってきたと思います。(ローリー・ニコル氏の振り付けで)去年よりも上半身を使って、動きながら滑ることができるようになってきました」

 そう語った河辺は、昨シーズンに勝ち取ったジュニア女王の称号に恥じない演技をフリーで見せる。ひとつに束ねた髪を跳ねさせ、全身を波打たせるように動かし、指先から音を紡ぎ出した。3回転ルッツ+3回転トーループという難易度の高い連続ジャンプも成功。体躯(たいく)を活かした大らかな動きは、ケガもあって思うように練習ができない状態とは思えない。氷の上に立った時の勝負強さだ。