2020.11.30

髙橋大輔、アイスダンスデビューで食生活にも変化。新たな物語の始まり

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 田口有史●撮影 photo by Taguchi Yukihito

グランプリシリーズ最終戦NHK杯で演技する髙橋大輔(右)と村元哉中 11月27日、大阪。NHK杯のリンクに立った髙橋大輔は、パートナーの村元哉中(かな)と視線を交わす。瞬間、ふたりの顔がほころぶ。競技前で心中穏やかではないはずだが、緊張を観客に伝えてはいけない。花が爛漫に咲き誇るような表情を見せた。

「楽しもう、落ち着いて」

 村元が、髙橋に優しく諭すように声を掛けていた。村元はアイスダンサーとして、五輪も経験。髙橋はシングルスケーターとしては世界トップで戦ってきたが、アイスダンサーとしては初陣だった。

 リズムダンスは、映画「マスク」の曲を演じた。髙橋は、主演ジム・キャリーのコミカルだが人情味あふれる役を演じきった。舞台「氷艶」などで役者活動をしてきた積み重ねも奏功したか。イエローのパンツも、水玉のネクタイも、サスペンダーも見事に着こなしていた。 

「(リズムダンスは)リフトに入るときに足を取り損ねて、ごめんって。取りこぼしはありました。でも、初めてにしては上出来だったんじゃないかと......そう思いたいです!」

 演技後、髙橋は彼らしく、正直で謙虚に心中を語っている。

「(シングルスケートは)ひとりで挑むのが楽な部分と緊張が高まる部分があるんですけど。(アイスダンスは)自分のメンタルがうまくいっていないところで、(村元)哉中ちゃんがフォローしてくれて。そこはふたりの助け合いで、アイスダンスのよさなのかなって思います。今はカップルのよさを見つけている段階で。カップルですけど、ライバルでもあり、負けないように気持ちを持ちながら、お互いで化学反応を起こせればいいかなって思っています!」