2019.12.24

樋口新葉、ダイエット成功で復活。
「新しい発見、大事だな」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

全日本選手権フリーで2位となり、総合でも2位となった樋口新葉 樋口新葉が心と体を磨いてぎゅっと絞り、全日本選手権で見事な復活劇を演じた。SP4位と出遅れたが、フリーではほぼ完璧な演技を披露して2位に順位を上げ、合計206.61点と、200点超えの高得点で、3年ぶりの表彰台となる総合2位になった。

 今季前半戦のグランプリ(GP)シリーズでは、スケートアメリカとフランス杯でいずれも6位に終わった。ただし演技内容を見ると、樋口自身も納得がいく出来で、少しずつ手応えをつかんでいた。そして全日本には「ジャンプが失敗しても続ける練習、あきらめない、気持ちで折れないような練習をたくさん取り組んできた」と、自信をつけて臨んだ。

「落ち着いてあきらめないでやることを意識して、試合でそれを実践できました。ここ2、3カ月、全日本に向けて頑張ってきたので、その成果を出せたことはよかった。ここまでの練習の中で気持ちが折れかけそうになったこともあったけど、やっぱり頑張らないと結果がついてこないので、踏ん張って頑張りました」

 ジュニア時代からスピードに乗ったスケーティングを武器に、ダイナミックなジャンプを跳んでいた樋口は、将来有望なホープとして注目を集めてきた。ジュニア1年目の2014―15シーズンにはジュニアGP大会で初優勝すると、ジュニアGPファイナルではSP5位からフリーで巻き返して総合3位に入った。ジュニアGPファイナルで日本人女子が表彰台に立つのは、09年の村上佳菜子以来5年ぶりだった。

 そのシーズンは全日本ジュニア女王にもなり、推薦枠で初出場した全日本選手権では表彰台の一角を占める総合3位と大活躍。中学2年生での表彰台は、2004年大会の浅田真央以来だ。その勢いのまま挑んだジュニア世界選手権ではSP、フリーとも自己ベストを更新して銅メダルを獲得した。

 ジュニアで実績を残してシニアに転向したのが3シーズン前のこと。平昌五輪シーズンはGP2大会でも結果を残してGPファイナル初出場も果たしたが、大事な試合でケガに見舞われる不運も重なって結果を残せず、念願だった五輪代表を逃すことになった。