2019.12.24

髙橋大輔、シングル引退。ハビエルが語った「1位でも、ビリでも、成功」

  • 小宮良之●取材・文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

髙橋大輔、シングル最後の舞台は全日本選手権だった スタンドの一角、低く通る声が口火となったか。

「大ちゃん!大ちゃん!」

 大勢の観衆の歓声が一つになり、そこに手拍子が重なり、会場を覆った。手を叩くひとつ一つの音が胸に迫って、感情が波を打っていた。それは一瞬の永遠だった。

「会場をひとつにしたい」

 スケーターとしての信条をそう語っていた男は、見事にそれをやり遂げてしまった。

「実は、シングル引退って周りに言われるほど、実感がなかったんです。でも、あんな演技だったのに、お客さんが拍手してくれて、立ち上がって声援をくれて。皆さんが作ってくれた温かい空気に、"ああ、これで最後なんだな"って思って......。今でもしゃべっているだけで、うるっとなってしまうんですけど」

 彼は声を震わせながら言った。胸が思いの重みで塞がり、小さく嗚咽が漏れる。涙は堪えたが、目は赤く腫れていた。

「こういう場所に立てたことが幸せで。あんまり格好良くないのが、僕らしい終わり方なのかなって思います」

 髙橋大輔はそう言って、シングルスケーターとしての長い物語の幕を閉じた。

 12月22日、国立代々木第一体育館。全日本選手権のフリースケーティングに向けた公式練習、髙橋は体が思うように動かない様子だった。前々日のショートプログラムでは、14位に低迷していた。

 髙橋は全日本を迎えるまで、練習の積み上げ、追い込みが満足にできなかった。10月のジャパンオープン後、左肩を痛めたことで、連鎖的に体のバランスが悪くなったという。11月の西日本選手権直前に左足首を痛め、満足に練習もできなかった。ジャンプへの影響はカバーできず、翼を失ったような状態になっていた。そして右膝の古傷があるうえ、33歳という年齢も、回復力の不安としてのしかかってきたのだ。

 今シーズン初めての試合でショートを演じ、その消耗は想像以上だった。