2019.12.20

髙橋大輔のラストダンスが会場をひとつにする。「失敗を恐れず」

  • 小宮良之●取材・文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

昨年の全日本選手権では2位表彰台を獲得した髙橋大輔 12月18日、代々木第一体育館。会場の一角で、拍手がどっと湧き起った。公式練習では6人が同時に滑っていたが、瞬間的にひとりが主役になっていた。

 リンクでは、髙橋大輔(33歳)が高く跳びあがり、豪快に4回転トーループを決めたところだった。

「1回も(最近の)練習ではやっていなかったんですけど、今日は調子が良い感じがあって。大会の記念に跳びました(笑)。僕もびっくりで、明日から(の試合で)は、やはらないと思います!」

 髙橋は無邪気に言い、人懐こい笑みをこぼした。少しも飾るところがない。日本男子フィギュアスケート初の五輪メダリストは、誰よりも自由だった。

「(全日本は)何も考えず、失敗を恐れずに」

 髙橋はこともなげに言った。

 シングルスケーターとして最後の舞台で、彼は何を見せてくれるのか?

「(今は)不安要素がたくさんありすぎて。その不安に負けないと、明るく振る舞っています。でも、気持ちの中は不安でいっぱいです」

 ミックスゾーンに出てきた髙橋はそう言って、正直な気持ちを明かしている。11月の西日本選手権の直前に左足首を痛め、氷の上に満足に立てない日々も続いた。下旬になるまでは痛みが引かなかったという。調整が順調なわけはなかった。