2019.10.02

髙橋大輔の芯が見えたアイスダンス挑戦。
たどり着いた一つの境地

  • 小宮良之●取材・文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 髙橋は言う。

「まだやっていないので、何も言えませんが、(自分がアイスダンスをすることで)いい影響があればいいですね。世界では、もともとカップルでやっている選手もたくさんいる。日本でも、盛んになればなと思います。団体戦もあるので、カップル競技が勢いづくことにもなりそうですし。少しでも(盛り上がる)きっかけになれたらと思っています」

 彼はアイスダンスの発展にも寄与するだろう。たった一日で、どれだけの人がこの競技を認識したか。パイオニアの面目躍如だ。

 では、どんなアイスダンスを思い描いているのか?

「パッション系のアイスダンスですかね、情熱的というか。二人とも、濃い目の顔なんで(笑)。でも、いろんな世界観を出せるカップルになりたいです!」

 拠点はアメリカ、フロリダになる。

関連記事