2019.10.02

髙橋大輔の芯が見えたアイスダンス挑戦。
たどり着いた一つの境地

  • 小宮良之●取材・文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 9月30日、横浜市内のホテル。数十人の報道陣の熱気が、一室を満たしていた。

「すごっ」

 用意された部屋に入ってきた髙橋大輔(33歳)は、思わず声を出すほどだった。目を丸くし、鼻をこすり、照れくさそうな表情を浮かべる。その様子に、カメラのフラッシュが一斉にたかれた。

アイスダンスに挑戦する髙橋大輔 フィギュアスケート男子シングルで昨年、現役復帰した髙橋は、村元哉中(26歳)とのアイスダンス、カップル結成を発表している。今年7月、新潟でトライアウトを行ない、二人は決意を固めたという。シングルは、今年12月に行われる全日本選手権が最後。アイスダンスは来年1月から始動し、目標は2022年北京五輪だ。

「できるだけ長く、スケートで表現がしたい、と自分は思っています。『氷艶』など舞台もやらせてもらって、まだまだスケートの可能性があると感じました。そのためには、”人と組む”という必要性(大切さ)も感じて」

 髙橋は朗らかな声音で、その思いを口にした。

 はたして、彼はどこに行きつこうとしているのか。