2017.08.11

羽生結弦が語った五輪への戦略。
「自分でいられるプログラム」を選ぶ

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

拠点としているトロントで練習を公開した羽生結弦

 8月8日にカナダ・トロントのクリケットクラブで、羽生結弦の平昌五輪シーズンへ向けた公開練習が行なわれた。午後2時半からの最初の練習で、羽生はウインドブレイカーを着たままでリンクに上がると、いきなり軸がきれいな4回転トーループを何気ない雰囲気から跳び、成功した。

「今年もフィジカル面では特に特別なことはしていないですけど、通しの練習や質のいい練習を何回もやっています。ケガが一番の敵なので、とにかく質のいい練習をして、質のいいケアをして……。質のいいジャンプを跳び続けていれば必然的にケガも少なくなってくると思うので、そういう意味でもかなり気をつけて練習をしています」

 羽生自身がこう話すように、この日最初の1時間の練習と午後5時からの1時間の練習を見ていても、転倒やパンクはあったとはいえ、回転軸が曲がっていたり、ズレているジャンプはなかった。それも”質のいいジャンプを跳ぶ”という意識の表れだろう。その意味でも順調に、充実した練習をしていることをうかがわせた。