2017.09.07

期待に胸をふくらませる本田真凜。
シニア挑戦の新プログラムを語る

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha photo by KYODO

今季のフリー『トゥーランドット』の練習を公開した本田真凜 一昨シーズンの世界ジュニア女王、そして今年3月の世界ジュニア選手権では銀メダルを獲得した本田真凜は、充実したシーズンオフを過ごしてきたようだ。

 シニアデビューとなる今季は、ショートプログラム(SP)とフリーの2つで納得のいくプログラムを作り、この5カ月間、滑り込んできた。8月30日には練習拠点となる関大アイスアリーナで練習を公開、順調に調整をこなしてきている様子を見せた。練習後に行なわれた取材では、新シーズンを待ち遠しく思っているコメントが並んだ。その初戦となる9月13日開幕のUSインターナショナルクラシック(チャレンジャーシリーズ)で、シニアデビューを飾ることになる。

 1時間ちょっとの公開練習では、フリー『トゥーランドット』の曲をかけ続け、集中的に取り組んでみせた。フリーの完成度については手応えを掴んでいる。

「あと2週間くらいで(アメリカに)出発なんですけど、シーズン初戦のUSインターナショナルクラシックに向けて、特にフリーの練習をしています。1戦目の試合(開催場所がソルトレークシティー)は少し標高が高いので、いまは何回も何回も曲かけの練習をしています。フリー全体を、シーズン最初から完成形の演技ができるようにしたいと思っています」