2016.12.12

「悔しい」を連発の羽生結弦。
GPファイナル4連覇でも演技完成を急ぐ

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

4連覇を達成し、表彰台で声援に応える羽生結弦 12月10日のグランプリ(GP)ファイナル男子フリー。前々日のショートプログラム(SP)で106・53点を出してトップに立っていた羽生結弦の前半の滑りは、300点超えを確信させるものだった。

 最初の4回転ループは「今日も耐えるような着氷になってしまった」(羽生)が、乱れはほとんどなく、GOE(出来ばえ点)も加点された。その後の4回転サルコウも余裕を持って決めると、スピードのあるコンビネーションスピンを見せる。ステップシークエンスもしなやかに滑り、そのままの流れで3回転フリップを成功。羽生らしさを存分に見せる前半だった。

 ところが、後半はNHK杯と同じように4回転サルコウで転倒。その後、4回転トーループ、トリプルアクセル+3回転トーループを決めて持ち直したかに見えたが、続くトリプルアクセルで着氷を乱し、つなぎの1回転ループはタイミングが乱れてダウングレード、3回転サルコウは2回転になるミスになった。さらにコリオシークエンスからは少しスピードも落ちてきて、最後のジャンプとなる3回転ルッツはパンクして1回転に。

 終盤にミスが連続してしまい、結局、フリーの得点は187・37点。3種類4回の4回転をすべて決めて197・55点を出したネイサン・チェン(アメリカ)と、4回転フリップを決めるなどミスを最小限に抑えて195・69点を獲得した宇野昌磨に後れをとり、フリーは3位にとどまった。