2016.04.22

鈴木明子が浅田真央を語る。「ストイックさに少しの変化が…」

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro  是枝右恭●写真 photo by Koreeda Ukyo

鈴木明子が語る2015-2016シーズン総括@女子編

 グランプリファイナル銀メダリストの宮原知子が5位、復帰した浅田真央が7位、2回目の出場となった本郷理華が8位――。2015-2016シーズン、日本女子勢は世界選手権で11年ぶりにメダルを逃した。各選手のスケートから見えた収穫と課題を、プロフィギュアスケーターの鈴木明子さんに聞いた。

2015-2016シーズン総括@男子編はこちら>>>

女子フィギュアの現状を語ってくれた鈴木明子さん――今シーズンの終了後にうれしいニュースが飛び込んできました。浅田選手が2018年の平昌オリンピックを目指すことを宣言しました。

鈴木明子(以下:鈴木) この1年間、「自分のスケートは何なのか」と考え、やっとその答えが見えてきたのではないかと思います。「オリンピックという最高の舞台に立ちたい。それが私の最終目標」と口にしたのは、「自分のスケート」の形が見えたから。「順位や点数を超えたものを表現できる」という手応えを掴んだうえで、「勝利を狙える」と感じたのではないでしょうか。

――完全復活が期待された世界選手権。浅田選手はショートプログラムで9位でしたが、フリーで巻き返して200点超え(200.30)で7位に入りました。久しぶりに「らしさ」が光る演技でした。

鈴木 この大会で、これまでとは違う喜びを得たように思います。結果は満足できるものではなかったでしょうが、フリー後の表情が「心のなか」を表していました。彼女はずっと完璧を目指すストイックな選手でしたが、少し変化が見られます。体調に不安があるなかで、「やるべきことはやれた!」という思いが伝わってきました。

 自分で自分に期待しすぎて、結果が出ずにもがき苦しんだシーズンでした。「復帰しないほうがよかったと思ったこともあった」と言っていましたが、これからが本当のスタートです。