2015.11.24

樋口新葉が連覇! 火花を散らすジュニア世代が浅田真央を追う

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●写真 photo by Noto Sunao

 11月23日に行なわれたフィギュアスケート全日本ジュニア、女子フリー。女王の座を争うハイレベルな戦いに決着をつけたのは、昨季女王のプライドをみせた樋口新葉(わかば)だった。
会心の演技に小さくガッツポーズ!全日本ジュニアで優勝した樋口新葉
 王座を巡る戦いは、選手同士の意地の見せ合いでもあった。

 その発火点となったのが、両膝の痛みで練習ができなかったことが響き、SP15位にとどまった三原舞依だ。回転不足やルッツのエッジ注意という小さなミスはあったが、すべての要素をまとめてフリー7位の111.04点を獲得。「昨日は(ジュニアGP)ファイナルへ行かせてもらえる者としてすごく悔しい結果になった。やらなければと思いすぎて守りに入っていたと思ったので、今日は『失うものはない』と思って最初から攻めた」と、合計を160.12点に伸ばした。

 それに続いたのが、同じファイナル進出者の本田真凜だった。SPは7位で第3グループ17番滑走。「SPはずっと練習ではできていたのに、よりによってここで失敗したので『何で?』という思いがありました。去年まではノービスから出場していましたが、今年はみんな同じ立場のジュニア。フリーは初めのポーズを決めた時から怖くてしかたなかった」と言うが、最初の3回転ルッツを耐え、次の3回転サルコウからの3回転連続ジャンプを決めると流れに乗って完璧な演技を見せた。最後のジャンプだった3回転フリップでは惜しくも転倒したが、それ以外はすべてでGOE加点をもらう完璧な演技。合計を168.88点にして意地を見せた。