2014.07.13

新シーズンへ。羽生結弦が語ったソチ五輪後の「葛藤」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 2月のソチ五輪、男子フィギュアスケートで金メダルを獲得した羽生結弦(ゆづる)が、新たなシーズンに向けての準備を続けている。

 昨シーズン、昨年12月のグランプリファイナル(福岡)でも勝利して、3月の世界選手権(埼玉)でも優勝し、五輪も含めてシーズン3冠を達成した羽生。6月27日からのドリーム・オン・アイスで、初めて今季のショートプログラム(SP)を披露した後にこう話した。

アイスショーで今季のSPを披露した羽生結弦「僕自身、たぶん、シーズンが終わった後は燃え尽きていたと思います。でも、世界選手権の3日後くらいからアイスショーもありましたし、(イベントなどの)仕事も立て込んでいたから、自分が燃え尽きていることに全然気づかなかった。

 アイスショーでは、たくさんの観客のみなさんが五輪チャンピオンとして迎えてくれて……。そういうことを経験して、『頑張ろう』という意欲が沸いてきました。そこで初めて、自分がいかに脱け殻だったかということに気づきました」

 ショーで一緒になったエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)など、トップスケーターと一緒にいられたことも、元の自分に戻れた要因のひとつだという。今、「スケートに集中して本気で打ち込めている」と話す羽生が、今季のSPに選んだのはショパンの『バラード第1番ト短調』だ。

「ピアノの曲はジュニアの時にフリーで2年間使ったけど、その時の感覚がすごく好きだったから、試合でもう一回使いたいと思っていたんです。クラシックは、物語性が明確ではないから、伝えるという面ですごく難しいと思います。だからこそ、自分の表現の幅を広げたいという意味もあって、選びました」

 振り付けをしたのは、2008年世界王者のジェフリー・バトル(カナダ)。彼に「ピアノの曲を」とだけ伝えて依頼したところ、出来上がったのが今回のプログラムだったという。

 昨季のSP、『パリの散歩道』とはまったく違う、静かな滑り出し。そのプログラムで羽生は冒頭のジャンプをトリプルアクセルにし、得点が高くなる後半に4回転トーループを持ってきた。さらに、最後に3回転ルッツと3回転トーループのコンビネーションジャンプを跳ぶという難しい構成にしている。その理由を羽生はこう説明する。