2014.10.05

【フィギュア】浅田真央不在の今季。変貌する女子勢力図

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • photo by Yohei Osada/AFLO SPORT

 ソチ五輪が終わって早8カ月。10月4日、ジャパンオープンが行なわれ、フィギュアスケートの新シーズンが開幕した。

 男女2人ずつが出場し、日本、北米、欧州の3地域対抗戦であるジャパンオープンは欧州が優勝。日本は3位となり3連覇を逃した。女子の個人ではロシアのホープ、エレーナ・ラジオノワが優勝、日本の宮原知子が2位に入った。

ジャパンオープンで女子2位となった宮原知子 昨シーズンまでトップで活躍したスケーターたちの多くが現役を引退したり、休養に入ったり。一気に世代交代が進み、今シーズンの女王争いはガラッと顔ぶれが変わる。日本の浅田真央が休養、韓国のキム・ヨナが引退と、トリノ五輪後から8年もの間、世界フィギュアをけん引してきた2人がそろって不在となる今シーズンはまた、次の平昌五輪に向けたスタートのシーズンでもある。

 世代交代の第1波はソチ五輪だった。浅田やキムらベテラン勢を抑え、五輪女王になったのはロシア期待の星、18歳のアデリナ・ソトニコワだった。地元開催でアドバンテージがあったとはいえ、勢いのある演技に対して高得点が出たのは、新しいヒロインの登場を歓迎したからに違いない。ソトニコワが五輪女王として臨む今シーズンでどんな演技を見せてくれるか、楽しみなところだ。