2014.02.14

羽生結弦、SP首位発進!男子フィギュア優勝争いの行方は?

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Noto Sunao/JMPA

 地元ロシアの観客が期待していたエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)の欠場で、空席も少し目立った2月13日のフィギュアスケート男子ショートプログラム(SP)。選手が演技を始める前に、なぜか「ロシア!」という掛け声が掛かって少し笑い声もおこるどこか不思議な空気が漂っていた。それをキリッと引き締めたのが、19番滑走の羽生結弦だった。

 メリハリのある滑り出しで観客席のざわめきを静めると、最初の4回転トーループをGOE(技の出来ばえ)の加点で2・86点をもらうほど完璧に決めた。その瞬間に客席からは「ウォーッ!」という歓声があがり、その後は観客の心をすべて引き込むような完璧な演技。団体戦で「完全に手中にした」と感じさせたプログラムをさらに進化させ、101・45という史上最高得点を叩き出した。
史上最高得点でSP首位に立った羽生結弦
「100点超えという得点を出せたのは本当に嬉しかったし、しかも、それを五輪という大舞台でできたことに喜びを感じました」

 こう話す羽生は、演技前には団体戦の時以上に緊張して脚が震えていたという。だがその緊張感をうまく集中力に変えられたことが、完璧な演技につながったのだろう。それもまた、彼が持っている強さのひとつといえる。