2012.02.14

シーズン前半のトラブル解消。村上佳菜子が四大陸選手権で見せた「大人への成長」

  • 青嶋ひろの●取材・文 text by Aoshima Hirono
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

初出場の四大陸選手権。村上佳菜子は体調不良もあり4位に終わったが、復調の兆しを見せた
「悔しいです。フリーも毎回ノーミスでできるくらいの練習をしてきたのに......」

 村上佳菜子の初めての四大陸選手権は、ちょっとほろ苦い味わいで幕を閉じた。

 ショートプログラムでは、全日本選手権と変わらぬ高得点を出して大満足の3位。しかしフリーでは、前日きれいに決めたはずの3回転-3回転など、いくつかのジャンプでミスが出て5位。総合成績は表彰台まであと一歩の4位。

 力を発揮しきれなかった主な要因は、体調不良。お腹の調子を崩し、ショートプログラム前日と当日には、ほとんど何も食べられない状態だった。初めて経験する標高1800mの高地での試合ということもあり、4分を滑るフリーは特にきつかったようだ。ただ、一部報道にあった酸素吸入措置は、取られなかったという。

「なんだかおおごとになっていて、日本からも心配する連絡があって、びっくりしました! そんな重大なことじゃなかったんですけど(笑)。

 ショートの前日は練習を早くあがって、本番の日の練習も少し控えめに。もう今日(フリー翌日)は大丈夫だけれど、何か食べるとまだ少しお腹がぐるぐるしちゃう......。

 日本で練習していた時は、体力は大丈夫だったんです。ミスしたとしてもワンミスくらいで、すごくいい演技がずっとできていたのに......。山田(満知子)先生も、悔しがっています。『絶対にニース(3月の世界選手権)では、頑張りなさいよ!』って」

 実際、体力が続いたショートプログラムの演技は素晴らしく、フリーも公式練習ではジャンプの調子が上々で、うまく調整ができている印象だった。オフシーズンの疲労骨折とシーズン前半の靴のトラブルの影響も、すっかり解消されていた。もし体調が万全だったら、そして、高地でなかったら、全日本選手権に続き「佳菜子完全復活!」をアピールすることができたかもしれない。