2022.05.20

ゆうこりん全盛期に「デブ」と言われたグラビア界で自信喪失。まなせゆうなが明かす、リングで 「主人公」になるまでの軌跡

  • 尾崎ムギ子●文 text by Ozaki Mugiko
  • 林ユバ●撮影 photo by Hayashi Yuba

■『今こそ女子プロレス!』vol.5
まなせゆうな 前編

 2019年4月14日、王子Basement MON☆STARにて、とある女子プロレスの旗揚げ興行が行なわれた。一見、普通の女子プロレス。しかし登場するレスラーたちの体型を見ると、ふくよかな胸、ぼてっとしたお腹、肉づきのいい下半身......。豊満な体を武器に、明るく激しいプロレスを繰り広げる。興行の名前は「ぽっちゃり女子プロレス」。代表はぽっちゃり好きを公言する男子レスラー、今成夢人だ。

豪快なラリアットを見舞うまなせ photo by ガンバレ☆プロレス豪快なラリアットを見舞うまなせ photo by ガンバレ☆プロレス この記事に関連する写真を見る  今成にはこの興行を通して、輝かせたい人物がいた。元グラビアアイドルのまなせゆうなだ。スターダムで"第二の愛川ゆず希"を期待され、アクトレスガールズでもエース候補だった。しかし突き抜けることができなかった。そんなまなせに、今成は「第三のエース路線」を敷こうとしたのだ。

 メインイベントは、今成とまなせのシングルマッチ。オープニングアクトで漂っていたエロティックな雰囲気は微塵もない。まなせにとって、初めてのミックスドマッチ。今成の厚い胸板にエルボーを仕掛けるも、ピクリとも動かない。「来いよ! もっと来いよ!」――今成の叫びに呼応して、まなせは猛反撃する。エルボー、蹴り、スリーパー、ブレーンバスター! しかし今成の見事なジャンピングニーで、まなせは敗れた。

 試合後、まなせは泣いた。「これからこの体型も、自分も、どう愛していけばいいんだろう......どうしていいかわかんない!」。今成もまた泣いた。「いいか、自分を愛するしかないんだよ! いま、その体型に悩んでるのかもしれないけど、そんなまなせさんを愛しているお客がこんなにいるんだ!」。溢れんばかりの拍手が沸き起こった。今成は観客に問いかける。

「まなせさん、このままでいいよね? 今が一番魅力的だよね?」

いつまでもいつまでも、拍手が鳴りやまなかった。

 まなせは当時を振り返って、こう話す。

「オファーが来た時は、『ハア?』という感じでした。今成さんに対して、最初はネガティブな気持ちが強くて、私のことを何だと思ってんだろうって、本当にムカつきました。マイクでカッコいいこと言ってたけど、私を使って自分が言いたいことを言ってるなって思った。でもあの試合で、初めてお客さんに応援されたんです。私は体が大きいから、やられている選手が可哀そうじゃないですか。だからそれまで、『まなせ、頑張れ!』ってならなかったんです。お客さんに『頑張れ!』って言われたことが、すっごい嬉しかった」

 彼女は今、ふくよかな体型を受け入れ、プラスサイズモデルとしても活躍している。まなせゆうなはいかにして、自己肯定感を取り戻していったのだろうか。