2022.05.16

武尊の胸に残る夢、総合格闘技への思い。「総合でも結果を残せたら、K-1 の強さを証明できる」

  • 篠崎貴浩●取材・文 text by Shinozaki Takahiro
  • photo by 東京スポーツ/アフロ

武尊インタビュー 後編

(前編:「那須川天心のほうが強い」と言われ続けた悔しさ>>)

 6月19日の『THE MATCH 2022』で、那須川天心との世紀の一戦に臨む"ナチュラル・ボーン・クラッシャー"武尊。長らくK-1の看板、ファンの思いも背負って走り抜けてきた。そんな武尊の格闘家としての覚悟、強さへの渇望の源はどこにあるのか。その答えから、那須川天心戦を終えた先の展開も見えてきた。

K-1で3階級制覇を成し遂げた武尊。那須川天心戦の先に見据えるのは?K-1で3階級制覇を成し遂げた武尊。那須川天心戦の先に見据えるのは? この記事に関連する写真を見る ***

試合は"命の取り合い"

――武尊選手は、「自分は天才ではない」とおっしゃっていますが、K-1 で3階級制覇を成し遂げて、記憶に残るKO劇を何度も見せてきました。それを可能にした要因はどこあると思いますか?

「試合をそのまま"試合"と思っているか、"命の取り合い"と思っているか。そういうメンタルの部分が一番大きいと思います。僕は『敗け=死』だと思っていて、死にたくないから相手のパンチが効いても耐えて前に出る。自分が倒れてもレフェリーが止めてくれるとは思っていません。命をかけた闘いだったら、止める人はいないわけですから。

 だから僕も、相手の息の根を止めるつもりでいくんです。骨が1本、2本くらい折れても、相手を戦闘不能にしたら勝ち。そういう覚悟ができているかどうかの差が、ここまで僕が勝てている要因のひとつだと思います」

――武尊選手は、相手のパンチをもらって顔が上がるような場面でも前に出て打ち返しています。そういった時のダメージはどうなんですか?

「そういう時は『パンチをもらってもいい』と思ってパンチを受けています。もらってもいいと思っている攻撃は、傷や腫れのような表面のダメージはありますが、致命傷にはならない。自分にもダメ―ジはあるけど、相手を倒せるなら少しくらいパンチをもらってもかまわない、という感じです。だから僕は"命を削るファイトスタイル"って言われることがあるんでしょうね」

――武尊選手は打ち合いの中で笑う瞬間がありますが、その時はどんな心境なんですか?

「笑っている時は、本当に試合を楽しんでいるんだと思います。無意識なので、自分が笑っていることには気づいていないですけど」