2022.05.16

武尊が振り返る「那須川天心のほうが強い」と言われ続けた悔しさ。「すべてが報われるチャンスがきた」

  • 篠崎貴浩●取材・文 text by Shinozaki Takahiro
  • photo by 日刊スポーツ/アフロ

武尊インタビュー 前編

 那須川天心vs.武尊。同じ時代に誕生した立ち技格闘技界の2人の英雄が、6月19日に行なわれる『THE MATCH 2022』のメインイベントで対戦する。K-1の3階級王者である武尊は4月30日に自身のツイッタ―を更新し、決戦に向けてSNSを一時休止することを発表。取材に応じでくれたのはその前日だった。

 この日はリモートによる取材だったが、画面が繋がった時に映ったのは、ビルドアップされた上半身と、直前までの練習でまだ息を弾ませる武尊の姿。「ちょっとすみません」と申し訳なさそうな笑顔をこちらへ向け、着替えを済ませた。そうして大一番に向けた胸の内を聞き始めると、武尊の表情は一気に引き締まったものになった。

昨年の12月24日、対戦決定の記者会見を行なった那須川天心(左)と武尊昨年の12月24日、対戦決定の記者会見を行なった那須川天心(左)と武尊 この記事に関連する写真を見る ***

井上尚弥らボクサーたちと練習

――武尊選手のSNSを見ると、かなり追い込んだ練習をしていてすでに仕上がっているようにも見えます。

「今回の試合は自分の中でも大きな試合なので、気合いが入ってます。練習はすごく充実していますが、減量はまだまだって感じですね」

――今年2月のエキシビジョンマッチ(軍司泰斗と2分2R、14オンスのグローブ)で感じた手応え、課題はありますか?

「エキシビジョンなので、試合と同じ動きはあまりしてないですけど、コンディション作りで課題がたくさん見えました。あの時は58kgまで落ちずに59kgくらいだったので、今回はこれから58kgに合わせていく感じです(那須川戦は前日計量が58kgで当日が62kg)。リカバリーの62kgに合わせて戻す水分の量なども試したんですけど、水分を抜けば抜くほど戻すのがキツくなるので、体ごと小さくして水分を抜く量を減らさないといけないなと思います」

――井上尚弥選手、亀田和毅選手、和気慎吾選手、元K-1 の武居由樹選手ら、ボクサーとの練習に力を入れているようですね。

「天心選手はボクシング寄りのスタイルなので、その対策でボクサーの方たちと練習しています。ボクシングは格闘技の中でも完成された競技のひとつだと思っていますが、"この場合はこうする"というマニュアルがしっかりしているので勉強になりますね」

――昨年、武尊選手は個人のジムを開設されました。現在の練習は主にそちらで行なっているんですか?

「そうですね。他の仕事もちょこちょこあるんですが、その合間でも練習できますし、昼夜問わず自分の好きなタイミングで練習ができるのは大きいです」