2022.04.02

いきなりヒョードルから名指しで対戦。石井慧が向かい続けてきた過度の期待に「異様にハードルが高かった」

  • 篠崎貴浩●取材・文 text by Shinozaki Takahiro
  • 田中亘●撮影photo by Tanaka Wataru

石井慧インタビュー 後編

(前編:K-1でも無差別級にこだわるわけ>>)

 インタビューを行なう場所に、練習終わりの石井慧は黒のスウェット姿で現れた。その上着には、クロアチアの国旗と、チーム・クロコップの刺繍があしらわれていた。

 2017年から練習拠点をクロアチアに移し、クロアチア国籍も取得。チーム・クロコップ所属の選手となり、今は生まれ育った日本で「K-1」のリングに立っている。柔道の金メダリストからプロの総合格闘家となって10年余り。石井がその型破りな格闘技人生を振り返るとともに、最終目標について語った。

北京五輪で金メダルを獲得したあと、プロの格闘家になった石井北京五輪で金メダルを獲得したあと、プロの格闘家になった石井 この記事に関連する写真を見る ***

ミルコ「(石井は)ダイヤモンドの原石」

――2009年に日本でプロ格闘家としてデビュー。その後、アメリカ、オランダを経て、最終的にはクロアチア国籍を取得しました。そこにはどんな理由があったんですか?

「クロアチアに落ち着いた、という感じです。クロアチア人はすごく優しくて、住みやすい。雰囲気は昔の日本みたいですね。日本は今、ちょっと敏感になりすぎてるところがあると思うんですよ。自分の両親は体育教師なんですけど、今はケンカもヘタに止められないらしいですね、『触れちゃダメ』とも聞いています。教師が生徒に、過剰に気を遣う世の中。よく先生に叩かれた昔がいいってわけではないですけど(笑)。少し窮屈に感じます」

――クロアチア国籍を取得された時、クロアチアの方たちの反応はどうだったんですか?

「みんな喜んでくれましたよ。クロアチアは経済的に、日本ほど発展していないので、若い人はドイツなどに働きに出て行っちゃう。だから経済が発展している日本から僕が来たということが、すごく嬉しかったみたいです」

――金メダリストとしての見られ方も、日本とは違いますか?

「違いますね。クロアチアも、ロシアでもすごく敬意を持って接してくれます」

――反対に、日本の周りの方の反応は?

「日本では、あまり何も言われなかったですね。ニュースでちらっと出たくらいでした(笑)」