2022.03.08

UFCからプロレスに復帰後、朱里が直面した最愛の母の死。そこで「人生を賭けてプロレスをやる」と誓った

  • 尾崎ムギ子●文 text by Ozaki Mugiko
  • 林ユバ●撮影 photo by Hayashi Yuba

■『今こそ女子プロレス!』vol.4
「モノが違う女」朱里インタビュー・中編

(前編:孤独な日々の先に辿り着いた「リング」という輝ける場所>>)

 昨年12月、ワールド・オブ・スターダム王座(通称"赤いベルト")の王者となった朱里。前編に続いて『女の答えはリングにある』(イースト・プレス)に収録した彼女のインタビューより、女手ひとつで育ててくれた最愛の母との別れ、そこで誓った決意などを紹介する。

プロレスだけでなく、UFCなど格闘技でも活躍した朱里プロレスだけでなく、UFCなど格闘技でも活躍した朱里 この記事に関連する写真を見る ***

 朱里曰く、自身は「抑えがきかない練習野郎」だった。1日の練習は筋トレを2時間、ジム練習を3時間。出稽古に行くこともあったため、3~6時間は格闘技の練習をし、加えてプロレスの練習がある日もある。プロレスの試合の日は終わってからジムに直行。そんな生活を週7日続けた。

「本当は休んだほうがいいんですよ。でも、そのくらい必死だった。舐めんじゃねえと。プロレスの横断幕にも『舐めんじゃねえ』って入れてもらっていた時期があるくらい、舐められるのが大嫌いでしたね」

 2014年3月、初代Krush女子王座チャンピオンに輝いた。キックボクシングで13勝1敗という輝かしい戦績を残し、総合格闘技に転向する。

「KrushとK-1は同じ母体なんですけど、記者の人たちの前で『今度はK-1に出たい』って言ったら、代表に『出たいって言わないでほしい』と言われたんですよ。わたしでは盛り上がらないと思ったのか......。悔しかったですね。次はどこを目指せばいいのかわからなくなりました。自分は目標を立てないとできない性格なので、Krushで3回防衛して次にどうしようか悩んでいた時、UFCの動画を見て『すごい! ここだ! ここに行くしかない!』と思ったんです」

「ここに行くしかない」と思って、本当にUFCに行ってしまうのが朱里のすごさだ。2016年1月、パンクラスと複数試合契約を結び、翌年5月、ストロー級クィーン・オブ・パンクラス王座を獲得。そして7月、UFCとの契約を発表した。9月にはUFC初参戦で勝利し、UFCにおける日本人女子ファイター初勝利となった。