2021.12.30

RIZINで朝倉未来はリベンジできるのか、解説者・大沢ケンジは「判定での勝負」と予想。扇久保博正vs井上直樹の勝負の行方も。

  • 篠崎貴浩●文 text by Shinozaki Takahiro

解説者・大沢ケンジのRIZIN展望 後編

(前編:萩原vs怪物くん、朝倉海の準決勝展望>>)

 RIZIN.33で注目のバンタム級トーナメント。それを制覇したあとで、2022年は海外に進出することを目標に掲げている朝倉海は「体がどうなっても絶対優勝したい」と、不退転の決意で臨む。

 インタビュー前編で、大沢は準決勝のひとつ、朝倉が瀧澤謙太に勝利して決勝に進出すると予想したが、立ちはだかるのは扇久保博正か井上直樹か。インタビュー後編は、もうひとつの準決勝の予想と決勝の行方、さらに朝倉未来の試合などを展望してもらった。

対戦カード発表会見で顔を合わせた朝倉未来(右)と斎藤裕  photo by Nikkan Spoets/AFLO対戦カード発表会見で顔を合わせた朝倉未来(右)と斎藤裕 photo by Nikkan Spoets/AFLO この記事に関連する写真を見る

***

――もうひとつのバンタム級トーナメント準決勝、扇久保博正 vs 井上直樹。どんな展開が予想されますか?

「扇久保選手のテイクダウンは防ぐことは難しいでしょう。ただ、扇久保選手は組みが強いけど、井上選手は下からの攻めが強いから、抑えている扇久保選手も疲れてくるはず。だから、前半は扇久保選手ペース、後半は井上選手ペースになりそうですね」

――勝敗はどうでしょうか?

「後半、扇久保選手が削られてきて、井上選手の打撃をもらうようになる。判定で井上選手の勝ち、という感じでしょうか」

――いずれにしても、削り合いになる?

「なるでしょうね。もしかしたら、扇久保選手がテイクダウンにきたところで、井上選手がサクッとバックチョークを決めて勝つ可能性もあるかもしれない。でも、扇久保選手の押さえつける力は本当に強いですからね。今、UFCで活躍しているアレッシャンドリ・パントージャっていう、マネル・ケイプ(2019年の大みそかに朝倉海にKO勝ち)にも勝ったこともある選手がいるんですけど、そのパントージャと対戦した時(2016年8月)も扇久保選手が完全に抑え込んでますから」

――朝倉選手と共に優勝候補に挙げられる井上選手は、まだまだ底が知れない強さがありそうです。

「確かに強い。井上選手のレスリング力はまだ見えていないんですが、マネージャーのシュウヒラタさんが言うには、『レスリングもすごく強い』と。タックルの実力もまだ見せていない感はありますが、打撃はめっちゃいいし、寝技もとんでもなく強いですよ」