2021.12.30

RIZINで注目の萩原京平vs怪物くんの対戦、朝倉海の試合の行方。解説者・大沢ケンジが徹底分析!

  • 篠崎貴浩●文 text by Shinozaki Takahiro

解説者・大沢ケンジのRIZIN展望 前編

 12月24日、クリスマスイブにRIZINの榊原信行CEO から"ザ・マッチ"武尊vs那須川天心の一戦が2022年6月に実現することが発表された。6年もの間、揺れに揺れたカードが遂に決定。格闘技ファンのボルテージは一気に高まった。

 そんななか、大晦日にさいたまスーパーアリーナで開催される「Yogibo presents RIZIN.33」。2021年を締めくくる全16試合で、勝ち名乗りを受けるのは誰なのか? 元総合格闘家で、さまざまな格闘技の大会で解説を務める大沢ケンジ(和術慧舟會HEARTS主宰)に、注目カードについて聞いた。

バンタム級トーナメントでベスト4に残った4人(c)RIZIN FFバンタム級トーナメントでベスト4に残った4人(c)RIZIN FF この記事に関連する写真を見る ***

――まずは、この1年でもっとも名を上げた萩原京平選手と、"怪物くん"の異名を持つ鈴木博昭選手の対戦からお願いします。

「RIZINは『勝負してきたな』と。RIZINとしては、萩原京平選手を育てたいはずじゃないですか。かといって、いわゆる"噛ませ犬"的な選手を連れてきても、今の格闘技ファンは納得しないのもわかるし、大晦日にはそれをやれない。『じゃあ誰と組むのか?』というところで組ませた相手が、怪物くん(以下、鈴木=怪物くん)。俺からしたら、『それ大丈夫か?』って感じですよ」

――かなり厳しい相手?

「萩原選手の相手は弥益(ドミネーター聡志)選手じゃないかな、と予想してたんですよ。萩原選手もやりたがっていたし。弥益が("ブラックパンサー")ベイノア選手とやった時は、テイクダウンがちょっと甘かったですよね。弥益は、タックルの時にスピードが出せていないんです。『あの感じだったら、萩原選手はタックルが切れるだろう』と思っていたんです」

――萩原選手にとっては、弥益選手より、怪物くんのほうが相性が悪い?

「打撃だけでいうと、間違いなく怪物くんとのほうが相性はよくない。怪物くんはSHOOT BOXINGでタイトルも獲っているし、ONEでもムエタイルールでしっかり戦えている(3戦2勝)。萩原選手にとっては厳しいカードだと思います。ただ、立ち技でトップの選手に打撃で勝つようなことがあれば、萩原京平はもう"ひと化け"する。だからRIZINは、『ハイリスク・ハイリターンの相手を組んできたな』と」