2021.05.02

レスリング・文田健一郎が狙う五輪金メダル。父直伝の技で恩返しを

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Kyodo News

 レスリングは日本の「お家芸」と言われている。とりわけ女子は、五輪3連覇を達成した"霊長類最強女子"と言われた吉田沙保里をはじめ、五輪4連覇の偉業を成し遂げた伊調馨など、世界的な選手を数多く輩出している。

 一方の男子も世界的な実力を持つ選手がいる。その筆頭が、東京五輪の男子グレコローマン60キロ級で金メダル最有力候補と言われている文田健一郎(ミキハウス)だ。

2019年の世界選手権で優勝し、東京五輪代表に内定した文田健一郎2019年の世界選手権で優勝し、東京五輪代表に内定した文田健一郎  文田が「女子に比べると注目度は低いですが」と苦笑するように、男子への注目度はもうひとつで、グレコローマンという種目もあまり浸透していないところがある。

 レフリングには、フリーとグレコローマンの2つのスタイルがある。フリースタイルは、吉田や伊調らが活躍しているカテゴリーで、足をかけて相手を倒したり、下半身へのタックルが認められており、スピーディーな技の攻防が見どころである。

 もうひとつのグレコローマンは、腰から下を攻めることが禁止されており、そのためお互いの上半身をくっつけてから技をかけ合うことが多く、力と力がぶつかり合うスタイルである。

 グレコローマンの魅力について、文田はこう語る。

「タックルはないのですが、相手を大きく投げ飛ばす技がグレコローマン独自の魅力だと思います。格闘技に近い面白さがあります」

 文田がレスリングを始めたのは小学生の時。当時、同級生がこぞって参加していたサッカーや野球への興味が強かったが、グレコローマンの元選手である父にレスリングシューズを与えられたのがきっかけだった。

「洗脳に近いものがありましたね」と文田は笑うが、中学生となり大会に出場して勝つと「すごく気持ちよくて、この特別なものをもっと味わいたい」とレスリングに集中するようになった。

 2012年のロンドン五輪では、父が指導していた米満達弘が金メダルを獲得し、「自分もこのマットで戦いたい」と、レスリングへのモチベーションはさらに上がった。同時にグレコローマンのビデオを父から見せられ、その格好よさに憧れを抱くようになった。