2021.01.10

『焦るな!』『行くな!』。堀口恭司が明かす、朝倉海戦で肝に銘じていたこと

  • 瀬川泰祐●取材・文・撮影 text & photo by Segawa Taisuke

 1月7日、RIZINバンタム級王者の堀口恭司がオンライントークLIVE『Memolete Live』(主催:AthReebo株式会社)に登壇した。イベントでは、2020年の大晦日に行われた朝倉海とのタイトルマッチへの準備、信頼するコーチの存在、武尊と那須川天心の仮想試合展望など、ファンとの興味深いやりとりが繰り広げられた。今回はそのやりとりの一部をお伝えする。

オンライントークイベントで質問に答える堀口――まず、試合が終わった今の気持ちを教えてください。

「自分はいい意味で練習と同じように試合ができるので、本番でも緊張はしませんでした。だから今も特別な感じはないですね。ケガ明けなので、ちょっとゆっくりしようかなと思っています。久しぶりの日本ですから、豚骨ラーメンを食べにいったり、釣りをしたりして楽しみたいですね」

――試合後にはご両親と話をされましたか?

「試合が終わったあと、すぐに電話がきたんですけど、取材対応などでほとんど時間がなくて。翌日に実家に帰って話をしました。『よくやった!』と喜んでくれましたよ」

――リングの上で朝倉選手と向き合った時は、どんな感じでしたか?

「いつも、相手選手と向き合って顔を見ても、別に何も思わないんです。だから今回も機械みたいに『無』でした」

――試合が始まる前に、朝倉選手の肩をトントンと叩いて、普段見せないような動きをされたと思うのですが。

「あれは決めていたわけじゃなく、とっさのことでした。対戦をすごく待たせてしまったので、『ごめん、ごめん。待たせてすみません』みたいな感じで。たぶん海くんは、『なんだ?』と思ったんじゃないかな。こっちの気持ちは通じていないでしょうから」

――あらためて、勝敗を分けたポイントは?

「早いうちにペースを握れたことだと思います。自分は、いつもは距離を取って戦うんですけど、今回は詰め気味にいったんですよ。だから海くんは面食らって、自分の動きが出せなかったんじゃないかと。

 今回の試合に向けた『プランA』は、パンチを見せながら、組んで寝技に持っていくという作戦だった。でも、向き合った時にカーフキックをよけないし、いけると思ったので『プランB』のカーフキックでいきました」