2021.01.08

井上尚弥2位、井岡一翔10位。選定委員が明かすPFPのランキング争い

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by Kyodo News

 2020年の大晦日、WBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(Ambitionジム)が、挑戦者・田中恒成(畑中ジム)との防衛戦で見せた隙のないボクシングはあまりにも見事だった。

 下馬評は「ほぼ互角」だったが、3階級制覇王者の田中から2度のダウンを奪って完璧な8回TKO勝ち。試合前に「格の違いを見せつける」と語ったとおりの圧勝劇は、31歳になった4階級制覇王者にとって、キャリアのベストパフォーマンスと言えるかもしれない。

2020年の大晦日に田中恒成(下)を下し、PFPランキング10位に入った井岡一翔(上)2020年の大晦日に田中恒成(下)を下し、PFPランキング10位に入った井岡一翔(上)  例年、年末は世界的に"興行枯れ"になり、ボクシングファンの視線は日本に集中する。そんな一戦で完璧なボクシングを披露したため、井岡の株が急上昇することになった。

 すでに日本でも報道されているとおり、現地時間1月4日に更新された『リングマガジン』のパウンド・フォー・パウンド(PFP)ランキングで井岡は10位にランクイン。世界のトップ10の中に、井上尚弥(大橋ジム)、井岡という2人の日本人ボクサーが入ったことは快挙である。

 筆者は2019年の秋以降、同ランキングの選定委員を務めているが、これまでPFPランキング選考の際に井岡の名前が出てくることはほとんどなかった。今回の試合前も、欧米で注目度が高かったのは無敗で3階級制覇を果たした田中のほう。そこから井岡が一気にトップ10入りしたのは、やはり田中戦での出来がすばらしかったからにほかならない。

 最新ランキングの選考過程で、井岡を推したパネリストの主な意見は以下のとおりだ。

「井岡を10位に浮上させる議論がなされるべきだ。田中恒成をバラバラにしたボクシングは印象的だった。(ランキング10位だった)ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)を陥落させる判断は簡単ではなく、悩みに悩んだが、ここでは井岡を推したい」

「井岡を10位に入れてほしい。ゴロフキンのことは大好きだが、現時点で井岡と同じレベルのパフォーマンスは見せていない。適切な判断だ。今後、GGG(ゴロフキンの愛称)がビッグファイトで、かつてのように戦ったらトップ10に復帰させればいい」