2020.12.15

井上尚弥に続くスター候補。米で「すこぶる評判がいい」日本人ボクサー2人

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke

「(今日の戦いは)日本人らしかったんじゃないですか。諦めないというか、ネバーギブアップ精神で。それだけですよ......」 

 誰をも熱狂させる劇的な勝利を挙げたあとだというのに、中谷正義(帝拳ジム)は淡々としていた。ただ、本人がどう思おうと、今回の試合が大きなインパクトを残し、多くのファンを興奮させたことは間違いない。

劇的な逆転KO勝利を挙げた中谷正義(右)photo by Getty Images 現地時間12月12日、米ラスベガスにあるMGMグランドのカンファレンス・センター、通称「バブル」で行なわれたWBOインターコンチネンタル(大陸間王座)・ライト級王座決定戦で、中谷はフェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)を相手に9回TKO勝ちを飾った。

 初回、4回に相手の右パンチを浴び、痛烈なダウンを奪われた際には"万事休す"と思われた。それでも稀有なタフネスを誇る中谷は、試合中盤からシャープなパンチで反撃する。7回に右を決めてダメージを与えると、9回にジャブとワンツーで2度のダウンを奪い返して見事な逆転勝ち。米リングでも滅多にお目にかかれないKO劇ゆえに、試合直後から現地でも話題が沸騰したことだろう。

「ダメージがあったけど、中谷は気持ちが強いから、相手は詰められなかった。今回はチーフトレーナーも来られなくて、そういう事情を考えてもよくやったと思う。当分は休んでダメージを抜いてほしい。今後、本人は(世界を)狙いたいでしょう」

 試合後、帝拳ジムの本田明彦会長もそう語り、中谷の頑張りに目を細めた。中谷本人は被弾が多かったことが不満かもしれないが、激しいファイトが好まれるのはこの業界の通例でもある。アメリカでは知名度が高いベルデホに衝撃的な形で勝利し、近い将来の世界タイトル挑戦も視界に入ったと言えよう。

 同時に、10月31日の井上尚弥(大橋ジム)に続いてラスベガスでKO勝利を収めたことにより、「日本人ボクサー」全体の評価も大きく引き上げたはずだ。