2019.07.07

川井梨紗子に惜敗。それでも、
伊調馨の戦いはまだ終わっていない

  • 宮崎俊哉●取材・文 text by Miyazaki Toshiya
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 7月6日、埼玉・和光市総合体育館にて世界選手権の代表を決めるプレーオフ6階級が行なわれた。

 今回のプレーオフは、昨年12月の全日本選手権優勝者と、今年6月の全日本選抜選手権優勝者が異なったため、その階級の最終選考会として開催。そのなかで、もっとも注目を集めた女子57キロ級では、川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)が伊調馨(ALSOK)を破って代表に決定した。

川井梨紗子(左)が伊調馨(右)を破って世界選手権の切符を獲得 全日本選手権を制した、オリンピック4連覇中の伊調。全日本選抜選手権を制した、リオデジャネイロオリンピックと世界選手権を合わせて3連覇中の川井。両雄の最終決着は、試合数日前から新聞や雑誌、テレビが特集を組み、日本テレビでは9時間半に及ぶ歌番組のなかで異例の生中継を行なうほどの過熱ぶりだった。

 第1ピリオドは川井の消極性からアクティビティタイムで伊調が1ポイント獲得したものの、第2ピリオドは川井が同じ展開で1ポイント奪い、試合は1−1の同点。その後、グラウンドの攻防で川井が2ポイント、伊調が1ポイントを上げて、ラスト1分で3−2となった。

 そして残り6秒、伊調が片足タックルを決めて川井を場外へ出すも、1ポイントしか奪えず。スコアは3−3の同点となったが、ビッグポイント(※)を上げた川井が死闘を制し、世界選手権の代表権を勝ち取った。

※同点となった場合、ビッグポイントの多い選手→警告が少ない選手→ラストポイントを獲った選手、の順で勝ちとなる。今回は川井が1点+2点の3点、伊調が1点+1点+1点の3点のため、よりビッグな2点を獲っている川井の勝ち。

 6月の全日本選抜選手権と、今回のプレーオフ。この2大会を制した川井は、「気持ちで負けず、勇気を持って攻め込んだ」と死闘を振り返った。

 両試合とも、川井は序盤からフェイントを多用し、何度もタックルに入った。鉄壁のディフェンスを誇り、世界ナンバー1のカウンター攻撃を武器とする伊調の懐(ふところ)に入っていくのは、さぞかし怖かっただろう。片足を取って高く持ち上げても、抜群のバランス感覚で足腰や体幹の強さを発揮する伊調を崩せない。それでも、川井は攻めて、第2ピリオドにポイントを奪って逆転した。