2018.05.11

ファンの夢「ゴロフキンvs村田諒太」は
実現するかを検証してみた

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by Getty Images

 怪物パンチャーの帰還──。5月5日(現地時間)、WBA、WBC、IBF世界ミドル級スーパー王者のゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)が、挑戦者のバーネス・マーティロスヤン(アメリカ)に圧倒的な2回KO勝ちを飾った。

通算20度目の防衛をKOで飾ったゴロフキン 通算20度目となる同階級の防衛タイ記録を樹立(注・IBFはこの日のタイトル戦を認可せず)。対戦相手が格下だったために戦前から勝利は確実視されていたが、迫力たっぷりのKO劇はカリフォルニアのファンを魅了するに十分だった。

「相手は誰でもいい。ベルトが欲しい選手とは誰とでも戦うよ」

 36歳にして驚異のパワーを保持していることを証明したゴロフキンは、試合後のリング上で笑顔を浮かべた。

 今後の注目は、次のビッグファイトの相手に誰を選ぶかに移ってくる。特に日本の多くのファンの関心は、同級のWBA正規王座を保持する村田諒太(帝拳)とゴロフキンの対決が実現するかどうかだろう。

「ゴロフキンvs村田戦を東京ドームで開催したい」

 昨秋、今春と、村田のアメリカでのプロモーターであるトップランク社のボブ・アラムがそう語ったことが話題になった。当初は荒唐無稽な話と感じたファンも多かっただろうが、関係者の話を聞く限り、決して夢物語ではないようである。

 マーティロスヤン戦後の会見では現地記者からも村田に関する質問が飛び、ゴロフキンを抱えるK2プロモーションズのトム・ローフラーはこう答えた。

「ゲンナディには多くの選択肢が存在する。村田もその中のひとりで、上昇中の選手だ。日本のアリーナを満員にして、とてつもないテレビ視聴率を稼いでいる。実現すれば素晴らしいファイトになるだろう」