2018.02.15

【国際プロレス伝】ビル・ロビンソンが
「外国人=悪役」の概念を変えた

  • 宮崎俊哉●取材・文 text by Miyazaki Toshiya

【第27回】アニマル浜口が語る「国際プロレスとはなんだ?」

 国際プロレス社長・吉原功(よしはら・いさお)が開拓した新ルートでヨーロッパから来日を果たしたビル・ロビンソン。必殺技ダブルアーム・スープレックスを武器に「人間風車」と呼ばれ、長く国際プロレスのエースとして活躍した。日本を愛し、引退後は東京に移り住んで若手を指導したジェントルマンの素顔を、ともに浅草で呑み明かしたアニマル浜口が語る。

「国際プロレスとはなんだ?」前回コラムはこちら>>>

連載第1回目から読む>>>

国際プロレスで人気を博したビル・ロビンソン「人間風車」ビル・ロビンソン(1)

「僕がもっとも尊敬する吉原功社長が日本のプロレス界にもたらした最大の功績」

 アニマル浜口がそう評す、国際プロレス吉原社長による「ヨーロッパルートの開拓」。以前のコラムでも説明したが、キッカケは吉原の早稲田大学の先輩であり、日本レスリング協会(当時日本アマチュアレスリング協会)元会長にして国際レスリング連盟理事、副会長を長年務めた八田一朗(はった・いちろう)の紹介によるものだった。

 吉原と八田の信頼関係、絆(きずな)は深い。

 八田は国際プロレス立ち上げ前から吉原を支援し、創設時には発起人として名を連ね、1976年10月に行なわれた「勇猛シリーズ」のパンフレットに掲載された特集『国際プロレス10年の歩み』には、以下のような祝辞を贈って国際プロレスを激励している。

『創立10周年おめでとう。決して平坦な道ではなかったと思われるこの十年の、吉原代表はじめ選手・社員諸君の努力と精進は、常にマット界とつかず離れずの関係にあった私には、良くわかっているつもりだ。プロレス界の発展があってこそ、アマレス界の隆盛がある。これからもレスリング界の向上のために、大いに頑張って欲しい』

 国際プロレス誕生から1年あまりの1968年2月、吉原はそれまでアメリカルート一辺倒だった日本プロレス界に革命を起こす。ヨーロッパから選手を招聘することを発表し、イギリス出身の4選手を参加させて「日欧決戦シリーズ」を行なったのだ。そして、同年4月には「日英チャンピオン・シリーズ」も開催。この大会に出場するためにヨーロッパから来日したのが、ブリティッシュ・ヘビー級チャンピオンとヨーロピアン・ヘビー級チャンピオンの肩書を引っ提げできたビル・ロビンソンである。