2014.05.23

【ボクシング】村田諒太の武器、右ストレートを生かす術とは?

  • 原功●文 text by Hara Isao photo by Getty Images

 5月22日、ロンドン五輪・ミドル級金メダリストで昨年8月にプロ転向を果たした村田諒太(28歳・三迫ジム)が、島津アリーナ京都でヘスス・アンヘル・ネリオ(25歳・メキシコ)を6回でほおむり、4試合連続でKO勝ちを飾った。初回から右ストレートを軸にした攻撃的なボクシングで、相手を圧倒するという完勝だった。順調な成長曲線を描いている村田には、来年後半、10戦目前後で世界挑戦の路線が敷かれている。ただ、プロ4試合目として、村田の出来栄えはどうだったのか。

得意の右ストレートでプロ入り後4試合連続KO勝ちを収めた村田諒太 今回の相手、メキシコ人のネリオは15戦12勝(6KO)3敗の戦績を残している選手で、過去2試合を映像で確認した村田は、「上体が柔らかく戦いにくいタイプ」と評していた。村田にとってはアマチュア138戦(119勝89KO19敗)、プロ3戦を通じて、初めて拳を交えるメキシカンだった。

 ほかのスポーツでもそうだが、ボクシングも国や地域によって、戦い方や特徴が微妙に異なるものだ。ボクシング大国ともいえるメキシコの選手の多くは、日本人とは異なるリズムで試合を組み立て、斜め下からのパンチを多用する好戦的な選手が多いことで知られている。ネリオはその典型というわけではなかったが、それでも相手のパンチの効果を低く抑える術は長(た)けていた。村田が言う「クリーンヒットを許さないタイプ」とは、そのあたりのことを指している。

 今回の試合は、そういうタイプと初の10回戦で拳を交えることに意味があったといえる。こうしたことを十分に理解したうえで村田は、「ラスベガス合宿で右ストレートから左ボディブローの返しが良くなった。僕のストロングポイントは身体とパンチの強さ。上下の打ち分けで詰めて行ってKOしたい」と話していたものだ。