2021.04.04

小籔千豊、息子とのゲームは教育の一環。ネットの世界でも礼儀を教える

  • 都合亮太●取材・文 text by Togo Ryota
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

息子と一緒にゲームをプレーして楽しむ小籔千豊

「息子が、僕にゲームの世界を与えてくれたんです」

 お笑い芸人としても、音楽アーティストとしても知られる小籔千豊がYouTubeチャンネルを開設したのは、2020年初頭のこと。しかしチャンネルの軸に選んだのは、本業とはかけ離れたゲームだった。それはeスポーツタイトルとして知られる「フォートナイト」で、チャンネル名は「フォートナイト下手くそおじさん」だ。

 小籔をゲームの世界にいざなったのは、小学生の息子だ。最初は興味を示さなかった小籔だが、息子が熱心に誘い続けたのだという。「一回だけやったるか」とコントローラーを手に取った小籔は、いつの間にか息子に負けず劣らずのゲーマーとなった。

 親子でゲームをプレーすると、お互いに新たな一面を知るきっかけになることが多い。小籔が自身の両親との思い出を振り返りながら、子供と一緒にゲームをプレーすることについて語る。

「子供の頃は父親と一緒にゲームをプレーしていた」と振り返る小籔の口元は微かに緩んでいた。約30年前、多くの子供が家庭用ゲーム機に夢中になっていた。小学校ではゲームの話題が尽きず、放課後も誰かの家でゲームをする子供が多かった。当時からゲームはストーリーや対戦などを楽しむだけでなく、コミュニケーションの場をつくるツールとして機能していたと言える。

 しかし当時の小学生は、一抹の寂しさを抱えていたかもしれない。なぜならほとんどの親が「ゲームは子供のもの」と認識していたため、一緒にゲームをすることはなかったからだ。ゲームは子供同士をつないだものの、世代を超えたコミュニケーションプラットフォームにはなり難かった。

 ただ小籔の父親は当時としては珍しく、時折息子と一緒にゲームをプレーしていた。親と一緒にゲームをしている小学生は小籔の周りにはほとんどおらず、子供心に誇らしさを覚えたという。

「すぐに怒るし、共通の話題もない存在というのが、当時の父親像でした。親だから身近なんだけど、少し近寄りがたい。でも一緒にゲームで遊んでいる時は、距離が縮まっている気がしたんです」