2021.03.29

宇内梨沙アナは生粋のゲーマー。連続プレー時間が示す半端ないゲーム愛

  • 龍田優貴●取材・文 text by Yuuki Tatsuta
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

「今はゲームが仕事にダイレクトにつながっている」と語るTBSの宇内アナウンサー「今はゲームが仕事にダイレクトにつながっている」と語るTBSの宇内アナウンサー 「2連休に18時間ぶっ通しで戦っていました」

 TBSアナウンサーの宇内梨沙さんは、自他ともに認める生粋のゲーマー。つまり"戦っていた"というのは、シューティングゲームをやっていたということだ。

 入社6年目を迎える宇内さんは、これまでに「ひるおび!」「CDTVライブ! ライブ!」などのテレビ番組のほか、ラジオ「アフアー6ジャンクション」、BS「Bizスクエア」など多くの番組に出演。その一方で昨年11月にYouTubeチャンネル『ゲーム実況はじめました。〜女子アナゲーマー宇内e〜』を開設し、eスポーツタイトルとしても人気のバトルロイヤルゲーム『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』など、ジャンルを問わずさまざまなゲームタイトルに挑戦中だ。感情を素直に表現しつつ、明朗快活にゲーム実況に取り組む姿勢が人気を博している。

 公私を問わずゲームの魅力を精力的に発信し続ける宇内さんのゲーム愛の源とは。これまでのゲームとの関わりから、宇内さんのゲーム観を探った。

――テレビゲームとの出会いはいつ頃でしたか。

 兄が2人いたこともあって、物心つく前からゲーム機が家にありました。「ゲームを始めてみたい」と意識せず、当たり前のように遊んでいましたね。

 ファミコンもありましたけど、その時一番遊んだのはやっぱりスーファミ(スーパーファミコン)です。『星のカービィ』とか『がんばれゴエモン』とか。『ボンバーマン』ではよく兄たちと対戦していました。

 ゲームボーイの『ポケモン 赤』が発売された時には、「自分一人でゲームをやってみたい!」と思って買ってもらいました。小学生になってからは放課後にゲームボーイと『ポケモン』を持って友だちと公園に集まって、遊具の周りに円を作って遊んでいました。鬼ごっこに飽きたらゲームをして、ゲームに飽きたら鬼ごっこに戻ってみたいな感じでした。