男子バレー高橋慶帆は過去に芸能事務所からスカウトも ルックスが大注目もまずは「自分がスキルアップ」

  • 中西美雁●取材・文 text by Nakanishi Mikari

高橋慶帆インタビュー 後編

(前編:シニア代表で「ガチファン」だった柳田将洋と過ごした時間>>)

 男子バレー日本代表のB代表が銅メダルを獲得した昨年の杭州アジア大会で、7試合中5試合もチーム最多得点をマークした高橋慶帆だが、大会中にプレーとは別の部分でも大きな注目を集めた。端正なルックスで、SNS上で「イケメン」と話題になり、公式Instagramのフォロワーは今や16万人を超えている。

 しかし高橋は、そんな騒がしい周囲に惑わされることなく、法政大学に戻った後も関東大学バレーボールの秋のリーグで活躍。その後はⅤリーグのジェイテクトSTINGSにも参加し、昨年に続いて日本代表にも選ばれた。

 大きく成長中のオポジットに、大学在学中にプレーしたVリーグでの手応え、今年度の日本代表での目標などについて聞いた。

2023-24シーズンのVリーグではジェイテクトSTINGSでもプレー photo by 中西美雁2023-24シーズンのVリーグではジェイテクトSTINGSでもプレー photo by 中西美雁この記事に関連する写真を見る

【大きく取り上げられすぎてプレッシャーも】

――アジア大会中、ご自身の知らないところで「イケメンバレー選手」としてブレイクしましたね。

高橋 気がついたらそんなことに(笑)。

――これまでも、芸能事務所のスカウトから声をかけられることがあったと伺いました。

高橋 そうですね、ちょくちょくありました。

――オフの過ごし方が気になるファンも多いと思いますが、どう過ごしているんですか?

高橋 けっこう自転車に乗りますね。地元(千葉県・旭市)は海が近いので、実家に帰ったら海沿いをサイクリングしたり。あとは、たくさん寝ます(笑)。

――今でもルックスが取り上げられることも多いと思います。それに対してはどう思いますか?

高橋 まずはプレーでしっかり活躍しないといけないと思っています。まだ実力や結果が伴ってないのに、ちょっと大きく取り上げられすぎてプレッシャーも感じています。僕に興味を持って試合に来ていただいた方が、プレーを見た時に「大したことないな」と思ってしまうのは悲しいですから。

 ただ、それは自分がスキルアップすればいいだけのこと、まずはバレーに集中して、できることからしっかりやっていきたいです。2023-24シーズンは大学生の身ながらV1のジェイテクトに参加させていただいて、すばらしい環境で練習や試合ができました。感謝の気持ちを忘れずに、今後もレベルアップしていきたいです。

1 / 4

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る