2022.08.05

大林素子が「サインがほしくて」出した手紙が招いた人生の転機。日立の練習に参加して「久美さんに睨まれました(笑)」

  • 中西美雁●取材・文 text by Nakanishi Mikari

日本女子バレー界のレジェンド
大林素子インタビュー(2)

(第1回:中学1年の新人戦で1点もとれず。顧問の先生から「落ち込んでいるようだけど、そんな資格はない」>>)

 日本女子バレーボール元日本代表で、現在はタレントやスポーツキャスター、日本バレーボール協会の広報委員としても活躍する大林素子さんに、自身のバレー人生を振り返ってもらう短期連載。第2回は、大林さんのバレー人生が「大逆転」した、日立の山田重雄監督に出した手紙とその後について聞いた。

日立、全日本で活躍した大林さん photo by「バレーボールマガジン」日立、全日本で活躍した大林さん photo by「バレーボールマガジン」 ***

――大林さんのバレー人生を大きく変えることになった、中学時代の2つ目の出来事について聞かせてください。

「日立バレーボール部の監督を務めていた山田重雄先生に送った手紙がきっかけなんですが、送ったのは中学2年生の時ですから、1981年でしたかね」

――山田監督といえば、1974年の世界選手権、1976年のモントリオールオリンピック、そして1977年のワールドカップで「3冠」を成し遂げた名将ですね。Vリーグの前身の日本リーグでは日立を18回も優勝に導きましたが、どんな経緯で手紙を出すことになったんですか。

「当時、私は全日本でも活躍していた日立の江上由美さんのファンで、ファンレターを出そうと思ったんです。当時のバレー雑誌に日立バレー部の住所が掲載されていたんですが、なんと私の家から自転車で10分くらいの近さで。ますます気持ちが盛り上がりました。

 その雑誌には、選手へのファンレターが山積みになっている写真も載っていました。私は『ちゃんと手紙の返事がほしい』と思っていましたが、江上さんは特に人気が高かったので『読んでもらえないかもしれない』と不安になってしまって。だからといって他の選手に送ったら、もう江上さんのファンとは言えなくなる、といった変なこだわりもあったんです。本当に先輩方すみません(笑)。それで、『監督ならいいかな。ファンレターも少ないだろうし、読んでもらえそう』と考えて出してみたんです。山田監督すみません(笑)」