2021.12.24

「私のことを知ってたんだ!」佐藤美弥が驚いた夫・藤井直伸からの初アプローチ。日本代表セッター同士の結婚を語った

  • 中西美雁●取材・文 text by Nakanishi Mikari

元女子バレー日本代表
佐藤美弥 結婚インタビュー

 元女子バレーボール日本代表のセッターで、今年の春に引退を発表した佐藤美弥。東京五輪後に、男子代表のセッター・藤井直伸との結婚を公表してファンを驚かせた。バレー選手同士の結婚はそれほど珍しくはないが、セッター同士はなかなか例がない。今回は佐藤本人に出逢いからプロポーズ、夫の東京五輪でのプレーをどう見ていたのかを聞いた。

婚姻届けを出す時の佐藤美弥と藤井直伸(写真:本人提供)婚姻届けを出す時の佐藤美弥と藤井直伸(写真:本人提供) この記事に関連する写真を見る  馴れ初めは現代的で、佐藤のインスタグラムに藤井からフォローリクエストがあり、佐藤もフォローバックしてメッセージのやりとりが始まった。

 佐藤は秋田、藤井は宮城とともに東北出身。佐藤は大学の頃から男子選手のプレーを参考にするようになり、日立リヴァーレ入団3年目に監督に就任した松田明彦が男子バレーの練習を取り入れたこともあって、徐々に頭角を現していた藤井のプレーを見る機会も多かったという。ただ、インスタグラムでつながるまでは話をしたこともなかった。

「『女子選手がこんなプレーができたら面白いんじゃないか』と思って、男子選手のプレーを見るようになりました。日立の監督が松田さんになってからも参考にしていたんですが、ちょうどその頃に彼が東レアローズに入団して、3年目のシーズンにはリーグ優勝もしていたのでプレーを見る機会が多くなったんです。

 彼の速いクイックを参考にさせてもらっていたので、私は勝手に『頑張れ』と思っていました。直接話をしたことはなかったんですが、2019年の春くらいに突然、彼のほうからインスタグラムで連絡があって。その時は『藤井くんも、私のことを知ってたんだ!』と思いましたね(笑)。そこからいろいろバレーの話をするようになりました」